敬老の日のプレゼント 老人ホームでの人気商品は?花はおすすめ?

この記事は3分で読めます

毎年9月の第3月曜日は敬老の日ですね。
最近では、老人ホームなどの施設に入居されるおじいちゃん、おばあちゃんが多くなっています。
老人ホームに入居したおじいちゃん、おばあちゃんと、普段はあまり会う機会がとれない・・・といった人も多いのでは。
だからこそ、年に一度の敬老の日には、何かしたいと考えるもの。
そこで今回は、老人ホームにプレゼント持っていくときに気を付けたいポイントや人気の商品などについて、お伝えしていきます。

Sponsored Links

敬老の日のプレゼント 老人ホームに持って行くときの注意ポイント

一口に老人ホームといっても、様々な施設があります。
私の祖父が入居していた老人ホームは、一つの敷地内で、4パターンの施設がありました。
「寮」のように、それぞれに個室があって、食事とお風呂だけみんなで集まる施設から、病院の大部屋と変わらない部屋で、ほぼ寝たきりの方たちが過ごしてる施設まで。
ですから、可能であれば、事前に施設の様子を見に行くことをおすすめします。
といってもなかなか難しいでしょうから、まず、プレゼントを選ぶときに、これはやめておいた方が良いというアイテムを紹介します。

 

ケーキやプリンなどの生もの

施設によっては、専用の冷蔵庫がない場合があります。
9月は、まだまだ暑い時期ですので、生ものは避ける方が良いでしょう。

 

花束や鉢植えなどの生花

ご自分でお水をかえたりといった世話ができる方なら、生花のプレゼントも良いでしょう。
ですが、大抵は施設の職員さんが、花の世話をするようになります。
職員さんの手間が増えてしまいますし、鉢植えの場合、枯らしてはいけない・・・といったプレッシャーになることも考えられるので、避ける方が良いでしょう。

 

割れやすいもの

施設の中には、痴呆の方や、足腰や手先が弱ってきている方もいらっしゃるかもしれません。
誤って割ってしまうと危険ですから、割れやすいものは避ける方が良いでしょう。

 

現金

施設での生活では、現金を使うことはあまりないでしょう。
年齢を重ねるごとに、物欲が少なくなっていく方も多いようなので、現金のプレゼントは喜ばれないと思われます。

 

あまりに高額なものや上等すぎるもの

施設には、様々な方が入居され、一緒に過ごしています。
中には、敬老の日であっても、どなたも会いに来ない、プレゼントもない、といった方もいらっしゃるでしょう。
あまりに高額なものをプレゼントすると、他の方から妬みや嫉みを受けることもあるかもしれません。
また、上等すぎるものをプレゼントすると、「もったいないから」と引き出しにしまったままになる、といったこともありそうですね。

Sponsored Links

敬老の日のプレゼント 人気商品は?

では、老人ホームに入居しているおじいちゃん、おばあちゃんへのプレゼントは、どんなものが人気なのでしょうか。
リサーチしてみたので、参考にしてくださいね。

 

・ブリザーブドフラワー
・パジャマ
・ひざ掛け
・ルームシューズ
・健康長寿のお守り
・家族の写真

 

敬老の日を過ぎると、冬に向かって寒くなっていきますので、普段使いができるあったかグッズは喜ばれるようです。
パジャマやひざ掛けは、洗い替えがあると便利ですよね。
あまり高級でなく、肌触りの良い物が良いでしょう。

 

花や家族の写真があると、部屋が明るく感じられるものです。
花は、生花だと手入れが必要ですが、ブリザーブドフラワーならその必要がないのでおすすめです。

 

また、実は、実用的で重宝されるのは、下着です。
ただ下着は、サイズや好みなどが分からないと、選ぶのが難しいですよね。
そのあたりの情報があるのでしたら、下着のプレゼントも喜ばれるでしょう。
b72cb1cb4bf288dcdf8948e2956bb2dd_s

 

敬老の日のプレゼントに花を贈るなら

ベットサイドに置けばいつも目に入るので、気持ちが明るくなるし、喜ばれるのでしょう、ブリザーブドフラワーをプレゼントする人は多くなっています。
生花と違って、花の種類は限られてきますが、花言葉や色の意味で選ぶのもおすすめですよ。

 

  • オレンジの薔薇 : すこやか
  • ピンクのカーネーション : 感謝
  • 胡蝶蘭 : 幸せが訪れる
  • 紫陽花 : 家族の絆

 

青や紫の色合いの花は、「気品」や「奇跡」といった素敵な花言葉のものが多くあります。
ですが、鎮静させる色でもあるので、気持ちが下がってしまうことも考えられますから、あまりおすすめではありません。

オレンジや黄色、ピンクといった色は、明るい気持ちにさせてくれる色なので、こういった色をメインにしたアレンジにするのも、良いですね。

 

 

敬老の日のプレゼントは、様々なものがありますし、悩んでしまうこともあるかもしれませんね。
でも、一番のプレゼントは、「会いに行く」ということなのだと思います。
私が祖父に会いに老人ホームに行ったときは、同じく入居されていた見知らぬおばあちゃんとも、たくさんしゃべりました。
というのも、そのおばあちゃんは、ご家族が遠くに住んでいるから、なかなか会いに来てくれないという状況だったのですね。
そのおばあちゃん、会話がとまりませんでした。
職員さんも、「ご家族が会いに来られたときの、とても嬉しそうな笑顔は、他では見ることができない」と言われていました。
一年に一度の敬老の日は、おじいちゃん、おばあちゃんの顔を見て、他愛ないおしゃべりをする日にしたいですね。

 

敬老の日の関連記事

敬老の日のプレゼント 赤ちゃんのときは?いつからするもの?手作りするなら?

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事