お彼岸とは何?いつからいつまで?墓参りはなぜするの?

この記事は2分で読めます

「暑さ寒さも彼岸まで」
そんな言葉でも知られている、春と秋のお彼岸。
スーパーなどでもお供え用の花束が売られていたりするので、「お墓参りをする日」というのは分かりますよね。
でも、なぜお墓参りをするのか、お盆との違いは何なのか、そもそもお彼岸とは何なのか、意外と知らなかったりします。
ふと疑問に思う、お彼岸についてのあれこれを、今回はお伝えしていきます。

Sponsored Links

お彼岸とは何?

「彼岸」とは、もともと仏教用語になります。
煩悩に満ちた世界から脱した悟りの世界、境地のことを指して、彼岸と言います。
彼岸に対して、煩悩に満ちた世界のことを「此岸(しがん)」と言います。
つまり、煩悩に満ちた世界が此岸=こちら側の岸(世界)、悟りの境地に達した世界が彼岸=あちら側の岸(世界)、ということですね。

煩悩に満ちた世界の此岸は、私たちが生きる世界ととらえるので、彼岸は、亡くなった方たちがいる極楽浄土の世界とされています。
7ecf64d530d6e9eb90217e1dd6c1f381_s

 

春と秋のお彼岸は いつからいつまで?

お彼岸の期間は、春分の日と秋分の日を含むその前後となります。

 

春のお彼岸:3月の春分の日+その前3日間+その後3日間の計7日間
秋のお彼岸:9月の秋分の日+その前3日間+その後3日間の計7日間

 

春分の日と秋分の日は、太陽が真東から昇って、真西に沈む日です。
「西方浄土」という言葉があるのですが、極楽浄土の世界は、西の彼方にあると考えられています。
そのため、真西に沈む太陽は、極楽浄土への道筋を示してくれると考えられたのですね。
そうして、春分の日と秋分の日の前後7日間に、「彼岸会」という仏事がされるようになったということです。
これが、現在の「お彼岸」に繋がっていると言われています。

Sponsored Links

お彼岸の墓参りはなぜするの?

彼岸は亡くなった方たちがいる世界を指すこともあって、先祖を偲び、敬い、感謝をする期間として、江戸時代の頃にお墓参りに行く風習が始まったと言われています。
また、気候的にも、外出しやすい時期になることも、理由としては少なからずあるようです。

 

お盆にもお墓参りをしますが、お彼岸との違いを分かりやすく言うと、お盆はご先祖様を供養する期間となっています。
故人の冥福を祈ったり、極楽浄土で安らかに過ごされることを願う期間ですね。

 

お彼岸の期間内で、「この日にお墓参りをしなければならない」と決まっている日はありません。
ただ、中日と呼ばれる春分の日、秋分の日に訪れる人が多くなっています。
そのため、道路や駐車場が混雑する霊園もあるようです。

また、お彼岸期間の初日は、「彼岸入り」と呼ばれていて、この日に、お墓や仏壇の掃除をするものとしている地域もあるそうです。

 

私たちが今こうして生きていられるのは、遥か昔からのご先祖様の存在があってこそ。
お彼岸は、極楽浄土に思いを馳せながら、ご先祖様を敬い、感謝を捧げる、良い機会ですね。
都合があってお墓参りができないこともあると思います。
お彼岸の期間は、お墓参りができなくても、ご先祖様に感謝を捧げる気持ちを持って過ごしたいものですね。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事