夏バテの症状 はき気や頭痛、倦怠感はある?対策法と原因&予防は?

この記事は3分で読めます

最近暑い日が続いていて、なんとなくだるい、うまく寝れないし、食欲も落ちている・・・
これって夏バテ?と疑う症状。
そう、それは夏バテかもしれません。
夏バテと一言で言っても、主な症状、それに付随してくる症状、ちょっと注意した方が良い症状など、様々です。
夏バテかな?と感じる症状を見極めて、対策や予防をし、過ごしやすくなる秋までの、暑い夏を乗り切っていきましょう。

Sponsored Links

夏バテの症状 吐き気、頭痛、倦怠感はある?

夏バテの主な症状は、だるさ・倦怠感、睡眠不足、食欲不振です。
暑く寝苦しい夜が続くと、どうしても睡眠不足になってきますよね。
また、日中も暑すぎると食欲が落ちてしまったり、室内外の温度差で自律神経のバランスが崩れることで食欲不振になったりします。
睡眠不足で疲労が回復されないことでの蓄積疲労、食欲不振での栄養不足、これらが引き金となって、なんとなくだるい・・・といった全身の倦怠感に繋がります。
その他にも、イライラしやすくなったり、やる気がでなくなったり、立ちくらみや下痢、便秘といった症状に繋がることもあります。

 

もともと、「夏バテはこの症状」と決まっているものではなくて、夏の暑さに身体が対応できなくて不調がでている状態を、夏バテと言います。

夏バテは体力や免疫力の低下をおこすので、そこから風邪に繋がることもあります。
頭痛や発熱、吐き気や下痢などの症状は、夏バテそのものではなく、夏風邪をひいていることも考えられます。
また、吐き気や頭痛は、熱中症の初期症状の可能性もあります。
これらの症状がでている場合は、風邪や熱中症の対策をとることも考えましょう。
163176

 

夏バテの症状がでたときの対策は?

疲労の回復に努めることが大切です。

睡眠不足

・できるだけ早く寝るようにする

・クーラーや扇風機を使うときは、風が直接身体に当たらないようにする

・氷枕を使う

など、良質の睡眠になるように工夫しましょう。

 

食欲不振

食べられるものを、少しでも食べるようにしましょう。
グレープフルーツなどの柑橘類、豆類、豚肉、レバーなど、ビタミンやミネラルが豊富なもの、栄養価の高いものがおすすめです。
また、トマト、きゅうり、かぼちゃ、ゴーヤなどの夏野菜は、夏バテしているときにも、さっぱりとして食べやすいものや、食欲があがりやすいものが多いので、取り入れてみると良いですね。

 

私が夏バテになったときは、炊きたてごはんの、もわっとした匂いで食欲が落ちていたので、お米の代わりに、そうめんを食べていました。
豚肉やレバーなどが良いと分かっていても、食べられないときはあります。
そんなときは無理をするよりも、そうめん、冷奴、トマトといった、さっぱりしていて食べやすいものを食べて、体力の低下を防ぎましょう。

 

栄養ドリンク

「滋養強壮に!」という栄養ドリンクを飲むのも、一つの対策です。
ただ、栄養ドリンクを飲んだときは、それを自覚して過ごすようにしましょう。
というのも、身体が軽くなったと感じでバリバリ動くと、後でその反動がでて、より一層の疲労を感じることがあるからです。
身体が軽くなったと感じても、無理しすぎず余力を残しておくことがポイントです。

Sponsored Links

夏バテの症状がでる原因を知って予防しよう

夏バテの原因の一つに、自律神経のバランスの乱れがあります。
クーラーのききすぎた部屋で長時間すごしていると、身体がストレスを感じて自律神経のバランスが崩れやすくなります。
また、室内と室外の温度差にも、身体の調節機能がついていかなくなってしまうのですね。
自律神経のバランスが崩れると、全身の倦怠感や、胃腸の不調、めまい、頭痛などに繋がり、夏バテの症状がでてきます。
夏バテにならないようにするためには、温度調節に気を配りましょう。
室内と室外の温度差は、5℃までであることが、望ましいようです。
寝るときもクーラーをつける場合は、日中よりも少し高めの温度設定にすると良いでしょう。
職場などで、クーラーの風が直撃する場合や、温度設定が低いときは、カーディガンを羽織ったり、ひざ掛けを用意したりと、身体を冷やさないように工夫しましょう。

 

体内が水分不足になることも、体力を奪われるので、夏バテの原因となります。
こまめな水分補給と、大量に汗をかいたときは、水分補給と合わせて少しの塩分をとりましょう。

 

温暖化が進んでいる現代では、夏の猛暑は、あたり前のようになってきています。
涼しくなれば夏バテは解消されるとはいえ、残暑も厳しいですから、夏バテの症状がでたら、まずは体力を回復させることを優先していきましう。
夏バテの予防や対策をしっかりして、上手に夏を乗り切っていきたいですね。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事