結納や顔合わせ食事会での服装は 女性 男性 家族それぞれどうしてる?

この記事は2分で読めます

まずは、ご結婚おめでとうございます!
結婚が決まると、感動に浸る間もなく、次々とやるべきことがありますよね。
その中の1つが、結納。
最近では、「略式」といって簡単な結納で済ませたり、結納はせずに両家の顔合わせの食事会だけする、といったパターンも多くなっています。
以前に比べると、堅苦しくないものになってきているとはいえ、結納は一生に一度の大事な儀式。
良い記念となるように、きちんとしたいと思いますよね。
そこで気になるのが、両家や本人たちの服装です。
簡略化してきているからこそ、逆に、迷ってしまうもの。
結納や顔合わせの食事会に、どんな服装にすると良いのか、まとめたので参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links

結納や顔合わせの食事会での服装は?女性編

結納や顔合わせの食事会での服装は、まず大前提として、両家と本人たちの格式を合わせます。
かたやスーツ、かたや普段着ではおかしいですし、双方の家に失礼にあたります。
服装は、結婚する本人たちがおおまかに決め、両家の参加者に伝えましょう。

 

次に、結納や顔合わせの食事会の場所によって、服装を考えましょう。
ホテルなのか、日本料理の店なのか、レストランなのか。
その場所にふさわしい服装というのも考慮すると良いですね。

 

f268836d6c4b63f6fb5a1e7cfc3aea17_s

 

洋装にする場合は、黒などではなく、明るい色味の服装を選ぶと良いでしょう。
ベージュやパステルカラーのものですね。
スーツを着る人もいますが、ワンピースを選ぶ人が多いようです。
少し地味かな?と気になるのであれば、パールのネックレスを着けるなどして、華やかにしましょう。
結婚すると、何かとセミフォーマルの服装で出かける機会が増えることも考えられるので、この機会に、新しく購入するのも良いと思います。

 

結納や顔合わせの食事会は、一生に一度のことだしと、振袖を選ぶ女性も多いです。
振袖は、結婚したら着ることができませんし、何より、特別な記念という感じがするからですね。
また、男性側の家が厳格だったり、両親がマナーを重んじる人の場合も、女性は振袖を着る人が多いようです。
ただ、振袖を着る場合は、男性や両親がスーツを着る、日本料理の店を選ぶなど、振袖の女性だけが浮いてしまわないようにしましょう。

 

4ab65f655b991972b690bd85d2b20282_s

 

結納や顔合わせの食事会での服装は?男性編

結納や顔合わせの食事会は、結婚する当人たちが主役です。
男性は、フォーマルではなくとも、スーツを着ると良いでしょう。
スーツは無地で、紺色などのダークカラーのもの。
ワイシャツは白か、ごく薄いストライプなどの、清潔感のあるものにしましょう。
ネクタイは、光沢のあるものやストライプなど、品のあるものを選ぶと良いですね。

Sponsored Links

結納や顔合わせの食事会での服装は?家族編

家族の服装は、両家で同じ格式になるように、決めて伝えておきましょう。
スーツにする、きれいめな普段着で、などですね。
主役は結婚する当人たちなので、家族の服装は、黒や紺などの落ち着いた色合いにしましょう。
自分たちが間に入って、両家の服装が合うように、やりとりをしておくと良いと思います。
結納は簡略化してきているとはいえ、マナーを気にする人も多いですから、打ち合わせをしておきたいところですね。

 

最初で最後となる、結納や顔合わせの食事会。
服装のほかにも、気になるポイントはたくさんあると思います。
完璧にしなければと固くなりすぎずに、気になることは一つずつクリアーにしていってくださいね。
大切な儀式を滞りなく終えられますように・・・

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事