赤ちゃんのお宮参りはいつ?大安は関係ある?お参りする意味とは

この記事は2分で読めます

赤ちゃんが生まれると、お祝いや昔からの習わしなど、様々な行事があります。
その中の一つがお宮参り。
赤ちゃんと一緒に、神社にお参りする行事ですね。
お宮参りはいつするものなのか、なぜするのかなどを知って、初めてのお宮参りを滞りなく行いましょう。

Sponsored Links

赤ちゃんのお宮参りはいつ?

お宮参りは、昔からの風習に合わせると、男の子は生後31日か32日目女の子は生後32日か33日目に行います。
北海道など地域によっては、100日目にお宮参りをするところもあります。
ただ、きっちりその日にお宮参りをしなければいけないということはありません。
赤ちゃんとお母さんの体調を一番に考えて、お宮参りの日程を決めましょう。
例えば、夏生まれの赤ちゃんの場合、真夏の暑い最中にお宮参りをするのは、赤ちゃんにとって大きな負担になりますよね。
こういった場合は、涼しくなってから、生後3ヶ月頃にお宮参りをする人が多くなっています。
冬生まれの赤ちゃんの場合も同じく、真冬の寒い時期を過ぎてから行う人が多いです。
生後3ヶ月頃になると、「お食い初め」という百日祝いの行事もあります。
生後100日の赤ちゃんに、初めて食べ物を食べさせるという儀式ですが、この百日祝い(お食い初め)とお宮参りを同時に、生後3ヶ月頃に行う人もいます。

 

701b24e91e782e852646340e69225507_s

 

お宮参りはいつ頃までにする?大安は関係ある?

お宮参りは基本的に、大安や仏滅などを気にする必要はありません。
大安は何事においても良い日とされていますし、地域や家庭のしきたり、家族の意向で、大安を選ぶ場合もあるようです。
リサーチしたところ、お宮参りをする場合は、生後3ヶ月頃までに行う人がほとんどのようです。
生後4ヶ月で行った人もいましたが、それ以降に行っている人は、あまりいないようです。
赤ちゃんが大きくなってくると、抱っこしてお参りするのが大変になるというのも、あるのかもしれませんね。

Sponsored Links

お宮参りをする意味とは

お宮参りは、赤ちゃんが、生まれて初めて神社にお参りする行事です。
氏神様に、新たな子が誕生した報告をするのですね。
赤ちゃんが健やかに育つことをお祈りする意味合いもあります。
合わせて、無事に生まれたことへの感謝の気持ちも、氏神様にお伝えします。
お宮参りで行く神社は、基本的にはどこの神社でも大丈夫です。
どこにするかを迷うのであれば、住んでいる土地の神社へお参りするというのがおすすめです。
その土地を守ってくれている氏神様になりますし、お宮参りの後も、赤ちゃんの成長につれて色々な行事がありますから、住んでいる場所の神社で行う方が、何かと都合がよいでしょう。

 

お宮参りについて書いてきましたが、お宮参りで一番大切なのは、やはり、赤ちゃんとお母さんの体調を気遣うことです。
日にちやしきたりに囚われず、赤ちゃんとお母さんにとって最善の日程や方法を選んでくださいね。

 

関連記事はこちら
お宮参りの服装 パパ・ママ・赤ちゃん・家族それぞれどうするもの?

お宮参りの食事会の予算は?費用は誰が負担するもの?

 

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事