初盆のお供えのマナー お金やお線香はいくらくらい?時期はいつ?

この記事は3分で読めます

仏教では、故人が亡くなられて四十九日を過ぎてから初めて迎えるお盆を、初盆(地域によっては新盆)と言います。
初盆は、故人にとっては一度しかないものですから、きちんとお参りやお供えをしたいものですよね。
初盆のお供えや、ご仏前、その時期について知っておきましょう。

Sponsored Links

初盆のお供え ご仏前のお金はいくら?

初盆のしきたりは、同じ仏教であっても、地域や宗派によって様々です。
故人やその家庭との付き合いによっても、どうするかは変わってきます。

 

そうはいっても、ご仏前の相場は知っておきたいですよね。

 

相場は、3000円、5000円、10000円となっています。
葬儀に参列したときに包んだ金額の、半分~3分の1くらいにするという考え方もあります。

 

ご仏前とお供え物をするのであれば、ご仏前は5000円、お線香やお菓子などのお供え物は3000円~5000円といった形もあります。

 

のし袋には、「御供物料」「御仏前」と書きます。
どの宗派でも使える書き方は「御供物料」となっています。

 

水引は双銀や藍銀、関西では黄白を使うのが一般的なようです。

 

d0889211cf145fea2d5a0e25577bbac6_s

 

初盆のお供え物は お線香やお菓子にする

初盆には、
・ご仏前を持っていく
・ご仏前とお供え物を持っていく
・お供え物を持っていく
という3つのパターンがあります。

 

こちらも、故人やその家族との付き合い、地域性によって決めるようになります。

 

お供え物は、お線香やお菓子、海苔などの乾物にして、生ものは避けましょう。
暑い時期なので、日持ちがするものが良いですね。

 

ただ居住環境によっては、煙や香りがでるのは困るからお線香を使わないという家もありますので、その家や土地柄を考慮する必要もあります。

 

金額は、3000円~10000円くらいが多くなっています。

 

私の住んでいる地域では、初盆は法事と同じように人が集まり、お経をあげ食事をします。
その後、いただいたものを分けて持ち帰ってもらったりするので、分けやすいものなどは喜ばれます。

 

 

また、お花をお供え物にすることもありますが、こちらは賛否両論のようです。

 

生花をたくさんもらってしまうと、飾りきれないし、暑い時期なのでお盆が終わるまでに枯れてしまうから困るという人もいれば、すぐに枯れてしまう時期だからこそ、生花は重宝するという人もいます。

 

お花をお供えしたいのであれば、ブリザーブドフラワーなどのアレンジフラワーにするのが良いかもしれませんね。

 

 

故人の好きだった食べ物をお供えしたいと考える場合もあるかもしれませんが、こちらは、おすすめできません。

 

初盆は、亡くなられてからまだ日にちがたっていないので、遺族の中には、「好きだった食べ物を見るのが辛い」という人もいるかもしれませんから、控えるようにしましょう。

Sponsored Links

お盆のお供え物をする時期はいつ?

お盆は、一般的に、8月13日~15日(16日)となります。
(東京や一部の地域では、7月13日~15日(16日)をお盆とするところもあります。)

 

初盆を迎える家にお供え物を持って行くときは、盆の入りである13日か、中日の14日にしましょう。

 

その日に訪れるのが難しい場合は、盆の入りまでに行きます。
その場合は、その家に忙しくない日を確認して訪問するようにしましょう。

 

遠方に住んでいて訪れるのが難しく、郵送するときは、8月10日あたりに届くようにします

 

初盆のすぐ後に訪れる予定があるのであれば、そのときにお供え物を持っていくのも良いですね。
事前に電話などで、「初盆には行けないから、次に行くときに、お線香をあげてお供えさせてね」と伝えておくと良いでしょう。

 

これらを参考にしながら、地域や宗派、その家のしきたりに合わせて初盆の訪問やお供えをしてくださいね。

 

きちんとしなければと考えると神経質になってしまいますが、一番大切なのは故人を偲ぶ気持ちです。
初盆という期間に、故人に思いを馳せ、思い出話に花を咲かせるのが、故人にとっては最も嬉しいお供え物ではないでしょうか。

 

関連記事
お墓参りの服装 お盆や初盆ではどうする?アクセサリー類は?
初盆のお返し 金額の相場や品物のおすすめは?のしはどう書く?
お盆の提灯はつけっぱなし?毎年飾るの?しまう時期は?

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事