犬の夏バテを防ごう 症状と対処法は?食べ物はどうしてる?

この記事は2分で読めます

暑い夏、猛暑と呼ばれる日が続くと、人間と同じように犬も夏バテをします。
毛替えをするとはいえ、犬は1年中毛皮を着ているようなもの。
犬は、苦しい、辛いなどの言葉を話せないので、夏バテ対策は飼い主さんにかかってきます。
夏バテの症状や対処法を知っておき、愛犬の夏バテを防ぎましょう。

Sponsored Links

犬の夏バテの症状は?

「犬の夏バテ」と考えてしまうと、特別な症状があるように感じてしまうかもしれませんが、人間の夏バテにあてはめて考えていくと、分かりやすいでしょう。

 

・食欲がない
・元気がない、ダラッとしている
・下痢になる
・身体が熱い

 

こういった症状が、徐々に出てきたら夏バテの可能性があります。
特に多く、分かりやすい症状が、「ごはんを食べなくなる」というものです。
普段の半分以下しか食べないということも。
そうなると、病院に行くべきかと悩んでしまいますよね。
ポイントとしては、ごはんを食べなくて元気もないようであれば、病院に連れて行きましょう。
ごはんをあまり食べなくても、お水をしっかり飲んでいて、元気もあるようなら、「暑さで食欲が落ちている」という状態なので、様子を観察しておきましょう。
子犬や老犬の場合は、もともと体力や抵抗力が低いので、夏バテかなと気になった場合は、早めに病院に連れて行かれることをおすすめします。

 
b4eb8786f92ca68daf47b2b913666603_s

 

犬が夏バテするのを防ぐ対処法

犬が夏バテしないようにするためには、涼しい場所で過ごさせるというのが基本です。
扇風機で風をあてるのではなく、その場所自体を涼しくすることが必要です。
室内であればクーラーをつけるなどですね。
犬用のクールマットを使ったり、ペットボトルに水を入れて凍らせたものを、タオルに包んで置く方法もあります。

 

室外犬であれば、すだれなどで日陰をつくりましょう。
石畳の上や、木の根元の土などは、ひんやりして涼しく感じるので、そういった場所を活用すると良いですね。

 

また、夏バテ予防には水分補給が欠かせません。
新鮮なお水をいつでも飲めるように、用意してあげましょう。
犬用のスポーツドリンクもあるので、夏バテが気になるときには飲ませてみるのも良いのでしょう。

Sponsored Links

犬の夏バテ対策 食べ物はどうしてる?

食欲が落ちていても、お水を飲んでいて元気なら、あまり神経質になる必要はないでしょう。
夏場に食べる犬が多い物は、氷、きゅうり、スイカ、りんごなどです。
特に氷は、喜んでガリガリと食べる犬が多いようです。

 

ごはんは、夕方に涼しくなってからあげるようにしましょう。
私たち人間も、暑いさなかには食べる気がしないものですからね。
少しでも多く食べさせたいときには、鶏のササミを茹でて冷まし、小さく裂いたものをごはんにトッピングすると、食欲があがる犬は多いですよ。

 

私も犬を飼っていますが、水分不足にならないように、ごはんは、ドライフードにぬるま湯を注いで、ふやかしてからあげています。
このときに、ササミを茹でた残り汁を使うこともあります。
普段からお水をあまり飲まない犬に、おすすめの方法です。

 

犬も大切な家族。
そして人間と同じく、あるいはそれ以上に、暑さに弱い生き物でもあります。
夏バテの症状を見極め、対処をしながら、暑い夏を乗り切っていきましょう。
飼い主さんの普段からの観察力が、犬の夏バテ対策の大事なポイントですね。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事