熱中症で頭痛と吐き気が続くときの対処法と 対策に良い飲み物は?

この記事は3分で読めます

最近は毎年、猛暑と言われるような暑い夏となっていますね。
油断すると、熱中症になってしまうことも。
熱中症は、一旦、頭痛や吐き気、めまいなどの症状が出ると、回復するのに時間がかかったりします。
熱中症の症状がでたときには、どうすればよいのかなど、熱中症対策についてお伝えしていきます。
TOP画像出典:フリーメディカルイラスト図鑑

Sponsored Links

熱中症で頭痛と吐き気が続くときの対処法は?

熱中症で頭痛や吐き気などの症状がでたときの対処法は、「水分補給」「冷やす」「休む」が基本になります。

 

水分補給

熱中症になる要因の1つは、暑さによって大量に汗をかき、体内の水分と塩分が不足することです。
そのため、水分補給が必要になります。

 

水だけを飲むと、脱水症状につながることがありますので、水+塩と砂糖を少し、セットで摂りましょう。

 

身体の機能が低下しているので、一気にお水を飲むのではなく、少しずつ摂るようにしてくださいね。
スポーツドリンクがあるなら、それを飲むのも良いでしょう。

 

c3555031d787ffe2936a2efd766fcda5_s

 

冷やす

暑さによって体内に熱がこもり、体温が上がることも、熱中症の要因の1つです。
そのため、体が熱い場合は、冷やすことが必要になります。

 

保冷剤や熱さまシート、濡らした冷たいタオルなどを、首の後ろや脇の下、脚の付け根にあてて冷やします。

 

脇の下と脚の付け根は、体の表面に近い所に血管が集まっているので、体を巡る血液を冷やすことで体温を下げていきます。

 

休む

熱中症かな?という頭痛や吐き気、めまいなどの症状を感じたら、すぐに日陰や涼しい場所で休むようにしましょう。

 

風通しの良い服に着替えると、より良いです。

 

熱中症の頭痛や吐き気は初期の症状で、そのまま対処せずに過ごすと、さらに重篤な症状に繋がることがありますので、無理は禁物です。

Sponsored Links

熱中症の症状は 頭痛 吐き気 めまいなど様々

熱中症には、いくつかの種類があります。

 

【熱疲労】
大量の汗をかいて、水分不足から脱水症状になることで、頭痛吐き気めまい倦怠感といった症状が出ます。

 

【熱失神】
暑さに対処するために体温調節をしようとして血管が広がると、血圧が低下して、脳の血流が少なくなります。
失神めまいなどに繋がります。

 

【熱けいれん】
汗をかくことで、体内の水分と塩分が少なくなると、筋肉がけいれんを起こすことがあります。

 

【熱射病】
体内に熱がこもって、体温が異常に上昇して、脳の機能に影響がでる状態です。
初期症状として頭痛吐き気嘔吐がでて、悪化すると意識がなくなることもあります。

 

熱中症の症状は、程度の軽いものから重いものまであります。
軽い症状のうちから、早めに対処することが大切です。

 

また、一度、熱中症になった人や、寝不足の人、体調を崩している人は、熱中症になりやすいとされているので、熱中症にならないように、対策をとると良いでしょう。

 

7bb03e666a72f5e9f3ad30f51ae614c8_s

 

熱中症対策に良い飲み物は?

手軽に取り入れやすい熱中症対策は、こまめな水分補給です。
ペットボトルや水筒に飲み物を入れて持ち歩き、いつでもすぐに水分が摂れるようにしましょう。

 

ポイントは、「のどが渇いたな」と感じる前に水分を摂ることです。

 

飲み物は、お茶やコーヒーだと利尿作用があるので、水分補給にならないことがあります。

 

水+塩と砂糖を少し、セットで摂ると良いので、自分で作るのもおすすめです。
水1リットルに対し、塩小さじ半、砂糖大さじ4の割合で混ぜます。
風味づけに、レモン汁を加えるのも良いですね。

 

スポーツドリンクは、砂糖が多すぎるとされていますので、水で半分に薄めて飲むと良いでしょう。

 

まとめ

頭痛や吐き気など熱中症の症状がでると、充分に休まなければ、なかなか回復しないものです。
ときには、その後数日間、不調が続くということも・・・。

 

熱中症対策は、予防に努めることと、熱中症になったときには、無理せず休むことが大切です。

 

熱中症の関連記事
熱中症の対策は水分を体に溜められているかがポイント!運動も必要?

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事