土用の丑の日 土用の意味とうなぎを食べる由来とは?しじみも食べるの?

この記事は2分で読めます

土用の丑の日には、うなぎを食べる。
今では当たり前のようになっている、夏のイベントですよね。
毎年、スーパーなどで、「土用の丑の日」という看板とともにうなぎが販売されますが、そもそも土用の丑の日って何だか知っていますか?
今回は、土用の丑の日の意味や由来について、知っておきたいマメ知識をお伝えします。

Sponsored Links

土用の丑の日 土用の意味は?

「土用」というのは、「五行説」と関わりがあるものになります。
「五行説」とは、中国が起源とされている思想で、この世のあらゆる物は、木、火、土、金、水の五つの要素からなっているという考え方です。
この五つの要素が、互いに影響しあいながらバランスをとっていると考えるのですね。
そして、この五つの要素は、色や体、方角など様々なものに対応しているのですが、その中の一つに、季節があります。
木=春
火=夏
金=秋
水=冬
そして、土は、季節の変わり目にあたります。
つまり、「土用」は、それぞれの季節の変わり目、年に4回あるのです。
具体的には、「立春(2月4日頃)」「立夏(5月5日頃)」「立秋(8月7日頃)」「立冬(11月7日頃)」の前の約18日間が、土用となります。

 
また、「丑の日」とは、十二支の「丑」のことです。
十二支は、「年」だけでなく「日」にもあてはめられます。
「土用の丑の日」とは、「土用」の期間の「丑」の日ということです。

Sponsored Links

土用の丑の日にうなぎを食べる由来は?

土用の丑の日にうなぎを食べるようになった理由は諸説ありますが、最も有力な説は、江戸時代に平賀源内が広めたというものです。
もともと、うなぎの旬は冬だったため、夏に客足が少なくて困っていたうなぎ屋の店主が平賀源内に相談したところ、平賀源内が店先に「本日、土用の丑の日」と書いた貼り紙をしました。
すると、うなぎ屋が大繁盛。
他のうなぎ屋もそれを真似たため、「夏の土用の丑の日はうなぎを食べる」ということが定着していったという説です。

 
f78c9b75aee97ad417034d17f8a1ab96_s

 
奈良~平安時代の「万葉集」にも、滋養強壮に良い食べ物として登場しているほど、うなぎは、古くから健康のために良い食物と言われていました。
夏の暑さに負けないように、うなぎを食べて元気になろう!といった考えも、「夏の土用の丑の日はうなぎを食べる」という風習の定着に、一役買ったのかもしれませんね。

 

土用の丑の日はうなぎと一緒にしじみを食べる?

しじみは、冬が旬のものと、夏が旬のものがあり、夏が旬のしじみは「土用しじみ」と言います。
しじみは、昔から「腹の薬」とも言われていて、胃腸の健康のためにと食べられていたそうです。
「五行説」で、「土」は季節の変わり目にあたりますが、身体の部位というと、「胃腸」になります。
つまり、五行説をもとにした考えでは、「土用の季節は胃腸が弱りやすい」となるのですね。
胃腸が弱ると、必要な栄養の消化・吸収に影響がでますから、体調不良にも繋がりやすくなります。
土用の丑の日は、滋養強壮のためにうなぎを食べて、胃腸のためにしじみ汁を飲むという組み合わせが良いようですね。

 
土用の丑の日は、季節の変わり目。
うなぎを食べるのと同時に、「体調はどうかな?」と確認する日にすると、良いかもしれませんね。
そんなふうに、季節の風物詩を活用するのも、おすすめです。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事