天神祭の屋台を楽しむ!場所と最寄駅は?何時から何時まで?

この記事は2分で読めます

日本三大祭りの一つ、大阪の天神祭。
毎年、7月24日の宵宮、25日の本宮は、たくさんの人が集まる、大阪の一大イベントです。
特に、25日の花火を目当てに行く人は多いですね。
そして、お祭りの楽しみといえば、忘れてはならないのが屋台。
天神祭はかなり混雑しますので、屋台を満喫したい!という人は、事前に、屋台の場所や時間などをチェックしておきましょう。

Sponsored Links

天神祭の屋台の場所は?

天神祭の屋台は、大川の川沿いと天神橋筋商店街、大阪天満宮の境内に並びます。
大川の川沿いの屋台は、JR桜ノ宮駅の北側から、JR・地下鉄天満橋駅の西側まで、川の両側に並びます。
天神橋筋商店街の屋台は、JR天満駅あたりから南に真っ直ぐ下り、大川に辿り着くまで並びます。
天神橋筋商店街から、横道に入ったところに、大阪天満宮があります。

 
天神祭地図2

 

天神祭の屋台に行くなら最寄駅はどこ?

天神祭で屋台が並ぶ場所の周辺には、地下鉄とJRの駅がいくつかあります。
目的に合わせて、利用する駅を選びましょう。

 

花火と屋台を楽しむ

花火は大川沿いの「毛馬桜之宮公園」で打ち上げられます。
ですので、屋台を満喫しながら花火も見たい場合は、大川沿いの屋台にいきましょう。
JR桜ノ宮駅から川沿いに下るか、JR・地下鉄天満橋駅から川沿いに上ります。
ただ、川沿いは最も人が多く、混雑する場所になるので、お目当ての屋台に辿り着いたり、屋台で買ったりするのも一苦労となる可能性が高くなります。
混雑しているものと想定して、行きましょう。

Sponsored Links

屋台を楽しむ

屋台のみを楽しむのであれば、天神橋筋商店街に行きましょう。
JR天満駅か、地下鉄扇町駅から、南に下っていきます。
花火が見える場所までは少し距離があって、そこまで行くのは、女性や浴衣の人には遠く感じられるかもしれませんので、屋台を目的としていく場合に、おすすめです。

 

屋台の穴場スポット

できるだけ混雑していない屋台なら、大阪天満宮の境内がおすすめです。
JR大阪天満宮駅か、地下鉄南森町駅からすぐ、天神橋筋商店街から横道に入ったところにあります。
大川沿いに比べると、混雑度は下がるようです。

 
Nu42tE3jBQeFo-0
出典:http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/46648/image?1243240168

 

天神祭の屋台は何時から何時まで?

屋台は、7月24日、25日の両日とも並びますが、25日の方がその数は多くなります。
24日に屋台を目指していくなら、天神橋筋商店街の、大阪天満宮の辺りに行くと良いでしょう。
時間は、11時から23時頃まで。
早いお店は、9時頃から開いているところもあるようです。
25日の花火が19時から21時までとなっていて、この時間帯は最も人出が多くなります。
大川沿いに100万人以上の人が集まるとか。
屋台を楽しむなら、25日の19時~21時を外して行くのも、良いのではないでしょうか。

 
年に一度のお祭りなので、混雑するとはいえ、やはり行きたいもの。
かき氷やフランクフルト、たません、ベビーカステラなど、屋台ならではの食べ物を楽しんでくださいね。
天神祭が、良い天気に恵まれますように。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事