七夕の笹 後始末の方法は?短冊と一緒に終わったら流す?燃やす?

この記事は2分で読めます

笹に願い事を書いた短冊を飾ったり、色とりどりの飾りをつけたりして、七夕を楽しまれましたか?
最近は、ホームセンターなどでも小さな笹を手に入れることができるので、ちょっと飾ろうかなと、気軽にできるようになっていますね。
そうして七夕行事を満喫した後にでる問題が、笹と短冊の処理をどうするのか・・・
現在の処理の方法にそって、気持ちよく七夕を終えましょう。

Sponsored Links

七夕が終わったら 笹の後始末はどうするもの?

昔は7月6日に笹と短冊を飾り、7日の未明に片付けていたようですが、現在は、7月8日に七夕飾りを片付けます。
以前は、笹と短冊を、川や海に流す風習がありました。
これは、川に流すことでそれが天の川に繋がり、願いが天に届けられるように、という考えからだったようです。
また、川がない地域では、笹と短冊は燃やします。
これも、燃やすことで煙が天に昇り、願いが天に届けられるように、という考えからですね。

 

a9c5443e848926e206a8f242ccfd4071_s

 

七夕の笹と短冊は燃やす?流す?その他の方法は?

以前は、川に流したり、庭で燃やしたりしていたわけですが、現在は環境汚染の問題から、禁止されている地域がほとんどです。
では、どうやって処理するのか。
大きく分けて、2つの方法になります。

 

神社に持っていく

神社では、古いお守りやお札を回収して燃やす、「お炊き上げ」がされています。
笹と短冊もお炊き上げしてもらうという方法があります。
笹は小さく切って束ね、短冊は白い紙に包んで持っていきましょう。
白い紙に包むことで、「清める」「浄化する」という意味があります。
※持って行くときには、お炊き上げをしてもらえるのか、事前に神社に問い合わせましょう。

 

1donto
出典:http://www.morioka8man.jp/main/saiji_1.html

 

また、地域によっては、毎年1月15日前後に行われる、「とんど」という行事があります。(地域によって呼び名が少し変わります)
とんどは、お正月の飾りなどを燃やす、いわば「お炊き上げ」ですから、このときに笹と短冊を燃やす方法もあります。

 

ゴミ処理する

神社に持っていくことや、とんどで燃やすことが難しい場合は、燃えるゴミとして処理します。
神社に持って行くときと同じように、笹は小さく切って、短冊は白い紙に包んでだしましょう。
ただ、「願い事を書いたのに・・・」と、ゴミ処理するのに抵抗を感じる人も多いと思います。
それでも仕方がないからという場合には、笹と短冊に、塩か清酒をふってお清めしてから処理すると良いでしょう。

Sponsored Links

七夕の短冊は 終わったらどうしてる?

子供さんの書いた短冊は、処理するのが忍びなかったりしますよね。
そんなときは、写真に撮っておくのもおすすめです。
記念に残しておくのも良いでしょう。
アルバムに貼ったりして、成長の記録として毎年増やしていくのも、楽しみの一つになるのではないでしょうか。
そうやって残していったものは、子供さん自身が成長して親になった時に見ると、思いのほか嬉しいものですよ。
正式な処理の仕方にこだわりすぎず、そうやって七夕という行事を楽しむのも素敵ですよね。

 

まとめ

昔の風習に習って七夕の笹や短冊を川に流すことはできませんが、現在に合わせたやり方を取り入れつつ、七夕飾りを楽しんでいきたいですね。
四季折々の風習を大切にしながら、次の世代へと伝えていきたいものです。

 

七夕の関連記事はこちら
七夕の歌 ささのはさらさら~の歌詞の意味は?のきばやすなごは何?

七夕の由来 幼稚園&保育園児への伝え方は?簡単に説明すると?

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事