母の日と父の日 義理の両親にも何かする?予算の相場は?

この記事は2分で読めます

結婚をすると、旦那さんとの実家との付き合いもでてきますよね。
義理の両親とも、良好な関係を築いていきたいものです。
1年の間には、母の日、父の日、誕生日、お中元、お歳暮と、何かプレゼントを贈るべき?と迷ってしまうイベントがあります。
普通はどうするものなのか・・・リサーチしたものをまとめてみました。

Sponsored Links

母の日と父の日 義理の両親にプレゼントを贈るべき?

母の日と父の日には、何かしらのプレゼントを贈るという人が多いようです。
「日頃の感謝の気持ちを込めて」という人もいれば、「何もしなかった時に、義理の両親から何か言われると困るから」という人もいます。
プレゼントそのものよりも、贈るという気持ちが大切ということでしょう。
毎年あるものなので、プレゼントを贈るとなると、ずっと続けていかなければならないのかと、重たく感じるかもしれません。
高価なものではなくても、ハンカチや靴下などのちょっとしたものをプレゼントにして、精神的にも経済的にも、負担にならないようにするのもポイントですね。
プレゼントを贈って、義理の両親から「なくていいわよ」と言われたら、メッセージカードや手紙にするなど、毎年のことだからこそ、難しく考えすぎないことがおすすめです。

 
ご主人に、これまではどうしてきたのかを聞いたり、義理の兄弟がいるのでしたら、「どうされていますか?」と聞いてみるのも良いでしょう。
その家族によって、独自のやり方がある場合もありますので。
私の家の場合は毎年、母の日、父の日、誕生日をすべて合わせて、相応のもの(金額的にも)を、1つプレゼントしています。
そして、離れて暮らしているので、母の日、父の日、誕生日の当日には必ず電話をするというルールになっています。

Sponsored Links

母の日と父の日のプレゼント 予算はどれくらい?

一般的な予算は、5000円前後となっているようです。
次に多いのが、3000円前後。
母の日、父の日のプレゼント候補をまとめていますので、参考にしてみてくださいね。

 
母の日:母の日のプレゼントで花以外のおすすめは?メッセージは書く?
父の日:父の日のプレゼントで喜ばれたおすすめは?花は嬉しい?

 
毎年、何にしようと考えるは大変と感じる場合は、ある程度、決めてしまうのも良いですね。
例えば、母の日は花、父の日は食べ物といったように。
物以外では、手料理をふるまうのも喜ばれるようです。
義理の両親の家へ持参するのも良いですが、自宅に招待するのも喜ばれるでしょう。

 
また、父の日のプレゼントなら、義理のお母さんにこっそり相談するという方法もあります。
義理のお母さんの性格にもよりますが、仲良くなるきっかけになったりしますよ。

 
aad2ab01d804b51c014faf0f5529eea5_s

 

義理の両親には 父の日と母の日の他に誕生日も何かする?

プレゼントを贈るのは、父の日、母の日、誕生日の、計4回という人が多いようです。
父の日、母の日と誕生日が近いようであれば、合わせて何かを贈るというパターンもあります。
いずれにしても、「当日に渡す」「当日に渡すのが難しい場合は電話だけでもする」というのが、ポイントとなっています。
その他にも、お中元やお歳暮を贈る人もいます。
お中元やお歳暮に関しては、その家や地域の習わしがあったりしますので、それに合わせると良いでしょう。

 
好みが分からなかったりすると、悩んでしまいますが、良好な関係を築いていくためにも、母の日、父の日には、義理の両親へプレゼントを贈る方が良いようですね。
プレゼントを贈った時の、義理の両親の反応をみて、翌年からはどうするか決めるのも良いのではないでしょうか。
あまり反応がなくても、気にしすぎないようにしましょう。
贈ることと、その気持ちが大切ですから。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事