顎や頬の大人にきび 女性ホルモンと保湿がケアのポイント!

この記事は2分で読めます

顎の周りや頬に、ぽつぽつとにきびのようなものができる・・・
なくなったと思っても繰り返しできたり、生理前になるとできたりする・・・
20代半ば頃から現れるそのぽつぽつは、「大人にきび」と呼ばれています。
思春期にできるにきびとは違う、大人にきび。
原因もケア方法も、思春期にきびとは違ってきます。
大人にきびのケア方法を知って、美肌をつくっていきましょう。

Sponsored Links

顎や頬にできる大人にきびの原因は?

思春期にできるにきびは、皮脂が過剰に分泌されることで、詰まった毛穴にアクネ菌が増殖することが、主な原因となっています。
そのため、余分な皮脂を取り除くケアをしていきます。

 
一方、大人にきびはというと、肌の乾燥や、ホルモンバランスの乱れから新陳代謝が悪くなることが、主な原因となっています。
乾燥や新陳代謝の悪さによって古い角質が皮膚に残ることで、毛穴が詰まり、アクネ菌が増殖して、にきびに繋がります。
生理前やストレスを感じると、女性ホルモンのバランスが乱れやすくなるので、大人にきびもできやすくなるのですね。
大人にきびのケアは、女性ホルモンのバランスを整えることと、しっかり保湿することが、ポイントになります。

 
3f6186de358bfdb72ffeb0f90dc08e6a_s

 

女性ホルモンを整える

女性ホルモンの中でも、エストロゲンという物質は、美肌に欠かせないと言われています。
このエストロゲンは、20代半ばから徐々に減っていきますし、ストレスによっても減少します。
エストロゲンの不足を補って、女性ホルモンのバランスを整えていきましょう。

 

大豆製品を食べる

大豆に含まれている「イソフラボン」という成分は、エストロゲンととても似た構造をしています。
エストロゲンが不足しているときには、イソフラボンが代わりにサポートしてくれると言われています。
豆乳や納豆、豆腐などの大豆製品を、食生活に取り入れていきましょう。
ただし、ホルモンバランスに良いからといって、そればかり食べ過ぎてしまわず、バランスの良い食事を心がけてくださいね。

Sponsored Links

適度な運動をする

適度な運動をして自律神経を活性させ、血行を良くすることで、ホルモンバランスを整えることに繋がっていきます。
ストレッチやヨガなどを、腹式呼吸を意識しながらするのもおすすめです。

 

アロマオイルでリラックスする

嗅覚は脳の中の、自律神経やホルモンの調節をする部分と繋がっています。
好きな香りのアロマオイルを使って、リラックスしましょう。
女性ホルモンのバランスを整えるとされているアロマオイルを取り入れるのも効果的ですね。
ローズ、ゼラニウム、イランイランなどが良いとされています。

 
ローズの香りは、女性ホルモンの分泌が多すぎるときには減少させ、少ないときには増加させるという、バランスを整える作用があると言われています。
最近では、ローズの天然潤い成分を配合して、女性ホルモンのバランスにアプローチする、大人にきびケア用のスキンケアアイテムも登場し、注目されています。

 

ラ・ミューテ 美肌セット 初回価格8,550円

 

保湿をする

肌が乾燥すると、角質が厚くなって毛穴が詰まり、にきびができやすくなります。
それと同時に、細菌などから肌を守る保護機能が低下することも、大人にきびの原因の1つと考えられています。
思春期にきびのケアは、余分な皮脂を取り除いて、乾燥させるというイメージですが、大人にきびの場合は、しっかり保湿することが大切です。
保湿成分のセラミドや、ヒアルロン酸が配合されたスキンケアアイテムを使いましょう。
化粧水や美容液はたっぷり使い、化粧水をコットンに含ませてコットンパックをする、集中ケアもおすすめです。

 
私も、顎のラインにぷつぷつと、大人にきびができていたのですが、ストレスの元となっていた環境を変えて、バランスの良い食生活を心がけ、大人にきび用のスキンケアアイテムを使っていたら、きれいな顎になりました。
大人にきびは、早く治そうと焦ってしまうよりも、ストレスを減らすこと、女性ホルモンのバランスを整えること、保湿をすることを心がけて、じっくり丁寧にケアしていきましょう。
そうして、大人にきびができにくい肌をつくっていきたいですね。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事