七夕の歌 ささのはさらさら~の歌詞の意味は?のきばやすなごは何?

この記事は2分で読めます

7月7日は七夕ですね。
七夕が近づくと、街のあちこちで「ささのはさらさら~♪」という歌が聞こえてきます。
学校で習った七夕の歌を聞くと、自然と子供の頃を思い出して懐かしい気持ちになりますよね。

 

それと同時に、よく聞いてみると歌詞の意味が気になってきたりします。
そこで今回は、七夕の歌の歌詞について解説していきます。

Sponsored Links

七夕の歌 ささのはさらさら~♪ の歌詞は?

七夕の歌は、「たなばたさま」という名称で、昭和16年(1941年)に発行された「うたのほん下」に掲載された歌です。

 

作詞/権藤はなよ 補作詞/林柳波 作曲/下総皖一
ささの葉 さらさら
のきばに ゆれる
お星さま きらきら
きん ぎん 砂子
五しきの たんざく
わたしが かいた
お星さま きらきら
空から 見てる

 

七夕には短冊に願い事を書いて笹の葉に飾るという、江戸時代から始まった風習にちなんだ歌詞になっていますね。
七夕祭りは、中国で始まり日本に伝わったものですが、短冊を飾るのは、日本独自の風習だそうです。

Sponsored Links

七夕の歌の歌詞 のきばやすなごの意味は?

七夕の歌の歌詞には、現在はあまり使われない言葉もありますよね。
「のきば」「砂子」「五しき」これらの言葉の意味について、解説していきます。

 

のきば

のきばは、軒端と書きます。
「軒(のき)」の「端(はし)」ですね。

 

日本家屋で、屋根が建物からはみ出している部分が「軒」。
「軒端(のきば)」は、その下の部分になります。
のきばに、短冊を飾った笹の葉を置き、風に揺れる様子が歌詞になっています。

 

e2ce77e830729af6c4ed88e2c364709b_s

 

砂子

砂子は、金や銀を細かい粉にしたもののことです。
たくさんの星がきらきらと輝く天の川を、金や銀を細かい粉にして散りばめた様子に例えたのでしょう。

 

天の川を本物の川とみたてて、川にある砂という言葉を使ったのかもしれませんね。

 

c319a7132aaa541a7071ba5a0cda7388_s

 

五しき

五しきは、「五色」と書きます。
七夕は中国から伝わってきたものですが、中国には「五行」という思想があります。
この世の物は、木、火、土、金、水の五種類から成るという考え方ですね。

 

この五行には、それぞれ対応する色があって、青、赤、黄、白、黒の五色となっています。
中国では、七夕に、この五色の紐を飾っているそうです。

 

日本は短冊を飾る風習となったため、「願い事を書いた五色の短冊」という歌詞になっています。
日本では「黒」はあまり好まれないため、代わりに紫が使われるようになりましたが、最近では、五色にこだわらず、様々な色でカラフルな短冊が飾られていますね。

 

7891c74ac39773e63b0e1c737f7b4268_s

 

まとめ

歌詞の意味を知りながら、改めて七夕の歌を聞いてみると、その情景が浮かび、七夕気分も高まりますね。
お子様に説明してあげると、お子様とも素敵な七夕の時間を過ごせるのではないでしょうか。

 

四季折々の伝統行事を、次の世代にも伝えながら、楽しみたいですね。

 

七夕の関連記事はこちら
七夕の笹 後始末の方法は?短冊と一緒に終わったら流す?燃やす?

七夕の由来 幼稚園&保育園児への伝え方は?簡単に説明すると?

 

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事