口臭の原因がのどと舌にあるのは本当?病気との関係は?

この記事は2分で読めます

自分では分からないことが多いため、気づいたら口臭がしている、なんてことがあります。
「口が臭いよ」と言われると、ショックは大きいですよね。
自分のためにも、周りの人のためにも、口臭は改善したいもの。
今回は、口臭の原因としてよくあげられている、のどと舌についてお伝えしていきます。
TOP画像出典:フリーメディカルイラスト図鑑

Sponsored Links

口臭の原因 のどにあるというのは本当?

口臭の原因ではないかとして、よくあげられるのが、のどの奥にある膿栓です。
通称「くさい玉」と呼ばれている、数mm~1cmくらいの白っぽい塊です。
のどの奥には扁桃腺があって、そこに窪みがあるのですが、その窪みに、食べた物が入って残り、固まっていったものが、濃栓になります。
濃栓があること自体は、病気ではなく、誰にでもあるようなものなのですね。

 
この濃栓は、口からでてきたり、つぶれたりすると、とても臭いのです。
ドブのような強烈なにおいがします。
そのため、口臭の原因なのではと言われていて、実際に、濃栓をとったら口臭が少なくなったという人もいます。
ただ、口臭は、口の中の状態に原因があることが多いため、濃栓は口臭の原因として考えられることの1つではありますが、主な原因とは言えないというのが、最近の考え方のようです。

 
のどから臭いにおいがしていて気になるときは、耳鼻咽喉科で濃栓をとってもらうこともできますので、相談してみてくださいね。
すぐに試せる対処法は、うがいをすることです。
うがいをして、においの元となる細菌を減らしていきます。
026672

 

口臭の原因は舌にある?

口臭がするときの主な原因には、虫歯歯槽膿漏舌苔といった、口の中の状態によるものがあります。
口の中の細菌が増えて、臭いにおいのもととなるのですね。
虫歯や歯槽膿漏に原因がある場合は、歯医者に行き治療をすることで、口臭が改善されるでしょう。
鏡で舌を見たときに、ピンク色ではなく白く見えていたら、舌苔がある状態と考えられます。
舌に汚れや細菌が溜まっているのですね。
なぜ舌苔ができるのかは、断定できないようですが、舌苔に溜まっている細菌などは口臭の原因となることがあります。

 
舌苔ができている場合は、1日1回、ブラシで掃除をしましょう。
歯ブラシだと固すぎて舌を痛めてしまうので、専用のブラシを使うことをおすすめします。
舌苔は病気ではなく、本来あるものですし、必ず口臭の原因となるものではありません。
すべて取り除く必要はないので、やりすぎないようにしてくださいね。
口臭に変化があるかを確かめながら、行いましょう。

Sponsored Links

口臭の原因となる病気は?

口やのどに口臭の原因がないときは、内臓の病気が原因の場合があります。
・胃腸の疾患、逆流性食道炎など
・肝臓や腎臓の機能の低下

 
胃腸の調子が悪い、疲れやすい、浮腫みがあるなど、口臭と共に身体の不調があるようでしたら、一度、専門医に相談されることをおすすめします。
また、病気や薬の副作用によって、唾液が少なくなると、口臭に繋がります。
唾液には口内の細菌が増えることを防ぐ作用があるので、唾液の減少で細菌が増えると口臭の原因なります。
ガムを噛んだりして、唾液の分泌を促すのも良いでしょう。

 
口臭が気になると、人とのコミュニケーションがストレスになってしまいます。
気にするから、余計に、どんどん気になってしまうということも・・・
口臭の原因は、様々なものが考えられます。
思い当たるものから取り組んでいって、原因の特定と改善に繋げていきたいですね。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事