母の日のカーネーション 色別の花言葉は?花束と鉢植えどちらがいい?

この記事は2分で読めます

母の日にはカーネーションを贈ることが、定番になっていますよね。
以前は、赤色を贈るものでしたが、最近は様々な色のカーネーションがあります。
どんな色がいいのか、やめた方がいい色はあるのか、迷ってしまいますよね。
また、ガーデニングをする人も増えているので、花束と鉢植えどちらが喜ばれるのかも気になるところです。
母の日にカーネーションを贈るときに、押さえておきたいポイントについて、お伝えしていきます。

Sponsored Links

母の日のカーネーションが赤い色なのはなぜ?

母の日にカーネーションを贈るという習わしは、1900年頃にアメリカで始まりました。
アメリカのアンナ・ジャービスという女性が、亡くなった母親を偲んで追悼式を行い、そのときに母親が好きだった白いカーネーションを捧げ、参列者にも配ったことがきっかけです。
そして、亡くなった母には白いカーネーションを、存命の母には赤いカーネーションを贈ることが広まっていきました。
その習わしは日本にも入り広まったのですが、「色で区別することで、心が傷つく子供がいる」という考えから、母の日のカーネーションは赤色に統一されることになったのです。

 
7e00bc4f4648a99f715ccbc1c917ecde_s

 

母の日のカーネーション 色別の花言葉は?

最近では、様々な色のカーネーションがあって、赤い色にこだわらずにプレゼントされています。
ですが、選択肢が増えると迷うもの。
色ごとに花言葉の違いはあるのかが気になりますよね。

 

色別の花言葉

・赤    母への愛
・ピンク  感謝
・オレンジ 純粋な愛
・青    永遠の幸福
・紫    気品

 
・濃い赤  私の心に悲しみを
・黄    軽蔑
・白    亡き母を偲ぶ

 
このような花言葉があります。
濃い赤、黄は、贈らない方が良いでしょう。
存命のお母様へ贈るのであれば、白もやめておきましょう。

Sponsored Links

母の日のカーネーションは花束と鉢植えどちらがいい?

花束と鉢植え、それぞれに良いポイント、悪いポイントがあります。

 

良いポイント

【花束】
見た目が華やかです。
様々な色を混ぜたり、かすみ草などの他の花を加えたり、予算に合わせて作ることができます。

 
【鉢植え】
花束よりも長持ちします。
世話をするたび、目に入るたびに、プレゼントされた喜びが蘇るでしょう。

 

悪いポイント

【花束】
1週間~10日くらいで枯れます。

 
【鉢植え】
世話をする分、枯れてしまったときにはショックが大きくなることが考えられます。
ガーデニングをしたことがない場合は、育てることが難しく感じるかもしれません。

 
ガーデニングが趣味のお母様でしたら、鉢植えの方が喜ばれるかもしれませんし、華やかなものが好きなお母様でしたら、花束の方が喜ばれるかもしれませんね。
良いポイント、悪いポイントを参考にしながら、お母様の性格や生活に合わせて選んでみましょう。

 
ea12e6883718860bd5de211228481e17_s

 
母の日は、母への感謝の気持ちを表す日。
日頃なかなか言えない気持ちを、カーネーションにのせて贈りましょう。
「母の日は、母親の存在を忘れないでいてくれることが一番うれしい」
そんな言葉を聞いたことがあります。
どの色でも、花束でも、鉢植えでも、感謝の気持ちを表して贈ることで、喜ばれることと思います。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事