暑中見舞いの時期 はがきはいつ出す?喪中だったら?一般的な文例は?

この記事は2分で読めます

最近は、メールが普及して、手紙やはがきを出すことが少なくなっていますよね。
でもやはり、季節の挨拶のはがきをもらうと、嬉しいものです。
普段は書かないからこそ、お世話になっている人へ、暑中見舞いを出そうと思うもの。
気になる暑中見舞いのマナーを知っておきましょう。

Sponsored Links

暑中見舞いの時期 いつはがきを出す?

暑中見舞いは、その字の通り、暑い最中に出すお見舞いになります。
といっても、実際の気温が高い時期ということではなく、暦の上で「暑中」とされている時期の頃のことです。
この時期には3つの説があって

 
1.小暑と呼ばれる7月7日頃から、立秋の前日にあたる8月6日頃まで
2.梅雨明けから、立秋の前日にあたる8月6日頃まで
3.夏の土用の日と呼ばれる7月20日前後から、立秋の前日にあたる8月6日頃まで

 
となっています。
始まりは3つの考え方がありますが、終わりは8月6日頃と決まっていますね。
8月6日頃を過ぎると、「残暑見舞い」の時期となり、残暑見舞いは8月末までです。

 
では、具体的にはいつ頃、暑中見舞いを出すものなのかというと、暑中の期間で「今は暑い」と感じるときです。
そもそも、暑中見舞いは、「暑い日が続いていますが、お元気でしょうか?」と、お見舞いの気持ちを届けるはがきのこと。
その年の気候や地域によって、「暑い」と感じる頃は違いますから、あまり堅苦しく考えずに「暑中の期間だし暑いから、暑中見舞いを出そう」という考えで良いでしょう。

 
bd5821e053e20dacb7552acae532c441_s

 

暑中見舞いの時期に 相手が喪中の場合は?

相手が喪中の場合、年賀状を出すことは控えますよね。
そうなると、暑中見舞いは?と気になるところ。
こちらは、気にせず出して大丈夫です。
先にも書きましたが、暑中見舞いは、「お見舞い」です。
喪中に控えるのは「おめでとう」というお祝い事なので、「お見舞い」のはがきをだすのは、問題ないと言うことですね。
むしろ、暑中見舞いを出すことで、「気にかけてくれている」と、喜ばれるのではないでしょうか。

Sponsored Links

暑中見舞いの文例

いざ暑中見舞いを書こうとしても、書きなれていないと、どんなことを書けばよいのか迷ってしまいますよね。
そこで、いくつかポイントを紹介します。

 
1.「暑中見舞い」ではなく「暑中お見舞い申し上げます」と書きましょう。
2.上司や先生など、目上の方に書く場合、より丁寧な表現をしたいときには、「暑中お伺い申し上げます」という書き方になります。
3.文章の最後は、「時節柄ご自愛くださいませ」「まずは暑中お見舞いまで」などの言葉で終わりましょう。
4.文章の後に、「平成〇〇年 盛夏」と書き添えます。(残暑見舞いの場合は、「晩夏」を使います)
5.暑中見舞いは、長々と書かず、2~3行の近況報告くらいでまとめましょう。

 
暑中見舞いを出す時期や、文章の書き方など、正しいマナーを知っておきたい部分はありますが、何よりも大切なのは、相手を思ってはがきを書く気持ちです。
手紙やはがきのやり取りが減ってきている現代なので、暑中見舞いが届けば、それだけで喜ばれることでしょう。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事