日焼け止めのメイク 塗る順番と塗り直し法は?メイク落としは必要?

この記事は2分で読めます

日差しが強くなる季節がくると、紫外線が気になってきますよね。
最近では、1年中、紫外線対策が必要なんて言われたりもしています。
特に、シミのもとになる顔の日焼けは防ぎたいもの。
日焼け止めを使った、正しいメイク方法を身につけておきましょう。

Sponsored Links

日焼け止めを使ってメイクをするときの塗る順番は?

基本的には、化粧水→乳液→日焼け止め→下地→ファンデーションの順番になります。
日焼け止めと下地、どちらを先に塗るかで迷いやすいので、下地はファンデーションが綺麗につくためのアイテムだから、ファンデーションの前に使うと覚えておくといいですね。
日焼け止めまでがスキンケア、下地からがメイクになります。
また、日焼け止めの中には、「化粧下地としても使える」という表示がついているものもあります。
この場合は、下地を使わずに、日焼け止め→ファンデーションでも良いでしょう。
「化粧下地としても使える」という表示がない日焼け止めの後にファンデーションを塗ると、ヨレてしまったり、長持ちしなかったりするので、合わせて下地を使う方がお勧めです。
5e6b8a2234d1c6c5bf54ca3680c17149_s

 

日焼け止めを使ったメイクの塗り直しはどうする?

日焼け止めを塗ってメイクをしてから、長時間たったときや汗をかいてしまったときは、塗り直しをしたいですよね。
かといって、クレンジングをして一からやり直すのは大変です。
そこで、手軽にできる塗り直し方を2つ紹介します。

 

乳液を使う

乳液で軽くメイクを拭き取ってから、乳液→日焼け止め→ファンデーションと塗りなおします。
乳液は軽いクレンジング代わりになるので、下地としても使える日焼け止めを使っていて、メイク崩れをしているときに、おすすめの方法です。
敏感肌の人や、肌荒れが気になるときには、日焼け止めと乳液を、1:1の割合で混ぜて塗り、ファンデーションを使うのもいいですよ。
肌への負担が抑えられるでしょう。

 

スプレータイプの日焼け止めを使う

あぶらとり紙などで皮脂をとってから、ファンデーションを塗り、スプレータイプの日焼け止めを吹きつけます。
手軽にできるので、時間がないときや、ちょっと塗り直したいときにおすすめです。

Sponsored Links

日焼け止めを使ったときはメイク落としが必要?不要?

日焼け止めを使って過ごした後にでてくる疑問が、メイク落としは必要かどうかです。
まず、日焼け止めを使い、メイクもしたときには、メイク落としのクレンジングを使って綺麗に落としましょう。
メイクはせずに、日焼け止めだけ使ったときは、使った日焼け止めによります。
ウォータープルーフなどの強力な日焼け止めを使ったときは、専用のクレンジングや、メイク落としの中でもしっかり落とせるオイルクレンジングを使って、落としましょう。
軽い日焼け止めの場合は、洗顔料でしっかり洗えば落ちるものもあります。
ですが、日焼け止めは基本的に油分でできていて、毛穴に残ると肌荒れの原因になります。
軽い日焼け止めでも、メイク落としを使って綺麗に落とす方が、肌のためにも良いでしょう。
紫外線はお肌の大敵です。
日焼け止めを効果的に使って、肌を守ってあげましょう。
メイク落としをした後は、しっかり保湿も忘れずに!

 

紫外線対策の関連記事

紫外線対策で目のケアをするには?いつからする?なぜ必要?
日焼け対策の食べ物で要注意は?肌のケアで赤みがあるときは?

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事