花粉は肌荒れの原因にもなる!予防法と対処法は?

この記事は2分で読めます

日本人の4人に1人が花粉症と言われている現代。
毎年、花粉の季節になると、その症状に悩まされ、憂鬱な気分で過ごしている人も多いと思います。
花粉症と言えば、くしゃみ・鼻水、目のかゆみなどが一般的ですね。
ですが最近では、花粉が原因で肌荒れをおこす人が増えています。
花粉と肌荒れの関係、予防と対処はどうしたらいいのか、お伝えしていきます。

Sponsored Links

なぜ花粉で肌荒れがおきる?

そもそも花粉症は、花粉に対して体がアレルギー反応を起こしている状態です。
そのため、皮膚も敏感になっていると言えます。
さらに、春先など季節の変わり目は乾燥しやすいため、肌の潤いが不足しやすくなります。
肌が敏感になり乾燥することで、肌本来の保護力が落ち、かさかさとしためくれやすい肌になります。
そうすると、花粉が付着しやすくなり、肌内に入り込んで、花粉による肌荒れがおこります。
・肌が赤くなって痒くなる
・かさかさした肌になる
といった症状が、特に皮膚の薄い目の周りや、顎から首にかけて現れます。
顔と首は肌が露出しているため、花粉が付着しやすいからですね。

Sponsored Links

花粉での肌荒れを予防するには

肌荒れをしていると、メイクをすることをためらってしまいますが、外出するときにノーメイクだと、皮膚に直接花粉がついてしまいます。
さらに肌荒れが悪化してしまわないように、下地クリームやファンデーションを薄く塗って、肌を花粉から守りましょう。
肌荒れがひどく皮がめくれているときには、メイクをする代わりに、皮膚を保護するワセリンを塗るのも良いようですよ。
ただあまりに肌荒れがひどいときには、専門医に相談しましょう。

 

外出から戻ったらすぐに洗顔

83ebc532668a7b681794a09771c98b12_s
花粉による肌荒れの予防、対処には、付いた花粉をすぐに落とすことが大切です。
外出から戻ったら、玄関の前で服をはたいて花粉を落としてから入り、すぐに顔と首を洗うようにしましょう。
といっても、ゴシゴシとこすっては、よけいに肌を痛めてしまいますから、優しく丁寧に洗ってくださいね。
その後はすぐに保湿をしましょう。
肌は敏感になっていますから、できれはオーガニックのスキンケア用品や、無添加などの肌に刺激の少ないものがいいですね。
保湿成分セラミド配合のものも良いと思います。
花粉症での肌荒れ対策は、優しいケアとしっかり保湿、外出後はすぐに花粉を洗い流すことがポイントです。

 

体質改善にも根気よく取り組みましょう

379749e6ab4993183f540020458dee8f_s
花粉症の人は何度も耳にしていると思いますが、体質改善をすることも、やはり大切です。
というのも、ここまでに述べた方法は、対処法であって、根本の解決法ではないからです。
食生活や生活習慣の見直し、漢方薬やハーブを取り入れてみるなど、自分に合った改善法を、根気よく探していきましょう。
試してみやすいものでは、甜茶やルイボスティーが知られていますね。
体質改善となると、1日2日で効果が出るものではないので、数ヶ月~半年前くらいから、早めに取り組んでいきましょう。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事