ほうれい線を解消するならこれ!効果的なストレッチと食事法

この記事は2分で読めます

乾燥や紫外線の影響、肩こり、猫背など、様々な原因からできるほうれい線
できてしまったものは仕方がないと、諦められないもの。
できることなら解消して、ハリのある肌に戻していきたいですよね。
そこで今回は、ほうれい線に効果的な解消方法をお伝えしていきます。

Sponsored Links

ストレッチ

ほうれい線の原因の1つに、顔の筋肉(表情筋)の衰えがあります。
その筋肉を動かして鍛え、たるみの解消をしましょう。

 

べろ回し体操

ほうれい線解消のエクササイズの中で、最もよく知られているのが「べろ回し体操」。
「よく知られている」ということは、それだけ効果が高いとも言えますね。

 
・口を閉じて、歯の表面と唇の間に舌を入れ、歯ぐきに沿ってぐるりと1周、舌を回します。
・右回り20回、左回り20回を1セットとして、3セット行います。
・口を開かないようにするのがポイントです。

Sponsored Links

口を膨らませる&しぼませる

・唇を閉じ、口の中を空気でいっぱいに膨らませ、頬がパンパンに張っている状態にします。
・次に、口をキュッとしぼませ、頬がへこんでいる状態にします。
・さらに、右の頬を膨らませる → 左の頬を膨らませる → キュッとしぼませます。
・3~5回を1セットとして、3セット行います。

 

頬のマッサージ

頬の筋肉は、会話は食事で使うため、意外とこっているものです。
肩こりのようにこって固まってしまうと、血流が悪くなりるので、マッサージが効果的です。
・人差し指を口の中に入れ、人差し指と親指で、頬を挟むようにしながら揉みます。
・頬がこっていると痛みを感じますので、痛すぎない程度に優しくマッサージします。

 
bd589e98f7fa2338d400779d8c851d74_s

 

食事法

 

噛み方を意識する

人には噛み癖というものがあります。
食事をするとき、無意識の間に、片側だけで噛んでいることがあるのですね。
これは、表情筋のバランスを崩し、ほうれい線が目立つことに繋がります。
左右、両側を使って噛むことを意識しましょう。
また、柔らかい食べ物が増えたことで、現代人は「噛まない」とも言われています。
噛まないと筋肉も衰えてしまいますし、よく噛んで唾液を分泌すると消化にも良く、健康&美容効果にも繋がっていきますので、しっかり噛んで食べることも心がけましょう。

 
5a75eb1a6e9a6c933c9d9e6ea0fd65a7_s

 

コラーゲン、ビタミンCを摂る

肌のハリと保湿に欠かせないのが、コラーゲンです。
そして、ビタミンCは、身体を錆びさせないようにする抗酸化作用と、コラーゲンの生成を助ける働きがありますので、この2つを積極的に摂るようにしましょう。

 
【コラーゲンが多く含まれる食べ物】
鶏軟骨、鶏もも、牛すじ、うなぎ、フカヒレ

 
【ビタミンCが多く含まれる食べ物】
ゆず、レモン、ピーマン、ブロッコリー、ゴーヤ

 
ほうれい線の解消には、エクササイズと食事法に加えて、肌の保湿と紫外線対策も重要です。
保湿力が高く日焼け止め作用のあるメイク用品、スキンケア用品を使いましょう。
肌の水分保持力を高めるスキンケア用品としては、セラミドやライスパワーNO.11が配合されたものが好評ですので、取り入れてみてくださいね。
また、パソコンの使用などによる猫背も、ほうれい線の原因にあげられていますので、姿勢を良くすることや、ストレッチをすることを意識していきましょう。
顔が老けて見えてしまうほうれい線を解消して、ハリのある美肌をつくっていきましょう!

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事