ピロリ菌除去の注意点 飲酒とヨーグルト

この記事は2分で読めます

edfb996aaa798098e4447b2db7ec57e9_s

胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんになった人に、ピロリ菌の感染者が多いため、注目されているピロリ菌の除去。(ピロリ菌除去についてはこちら
ピロリ菌が発見されたのが1980年頃のため、除去に関するデータは、まだまだ不足しているようです。
ですが、除去をするなら成功させたいもの。
今回は、ピロリ菌を除去する際に注意したいポイントについてお伝えしていきます。

Sponsored Links

ピロリ菌除去とアルコールの関係は

まず、ピロリ菌を除去するために薬を服用する期間の飲酒についてです。
1回目のトライで使用されることが多い抗生物質は、アルコールを摂取しても、直接の副作用はないそうです。
ただ、抗生物質は肝臓に負担をかける薬でもあり、その薬を朝晩2回、7日間という長期間、飲み続けることになります。
アルコールを摂ることも肝臓に負担をかけるので、体調面を考慮して、ピロリ菌を除去する期間は、飲酒を避けた方が良いでしょう。
また、1回目のトライで失敗し、2回目のトライとなったときには、メトロニダゾールという抗生物質が使われるのですが、この薬は、腹痛や吐き気、動悸などを引き起こす可能性があるため、アルコールを避ける必要があるそうです。

Sponsored Links

アルコールを摂取したから除菌に失敗した、あるいは成功したという正確なデータは、まだないようです。
喫煙に関しては、確実ではないですが、喫煙者は失敗率が高いという信憑性が高そうなデータはあるようです。
いずれにしても、ピロリ菌の除去をするなら成功させたいもの。
その期間は万全を期して、飲酒と喫煙を控えるのが良いのではないでしょうか。

 

ヨーグルトのピロリ菌除去効果は

ピロリ菌の除去にヨーグルトが良いと言われています。
ヨーグルトならどれでも良いということではなく、LG21という乳酸菌が含まれているものになります。

 
image
出典:http://jisin.jp/community/present/2311/

 
ピロリ菌は、LG21がだす乳酸には弱いとのこと。
また、乳酸菌が増えることで、ピロリ菌の居場所がなくなっていくとも言われています。
まだまだデータ不足ではあるようですが、実際にLG21乳酸菌が含まれたヨーグルトを食べ続けたところ、「ピロリ菌が減少した」「ピロリ菌除去の成功率があがった」といった報告もあるようです。
ピロリ菌除去を成功させるのに薬との相性があるように、ヨーグルトも合う、合わないがあるでしょうから、薬の服用を避けたい人は「まず試してみる」というのが良いかもしれませんね。
薬を服用してのピロリ菌除去をされる人は、ヨーグルト(LG21)についても専門医と相談されると良いでしょう。

 
ピロリ菌の除去に関しては、まだまだデータが足りないのが現状。
「必ずこうなる」といった情報がでてくるまで、悪いと言われているものは控える、良いと言われているものは試してみる、といったスタンスが良いのではないかなと思います。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 166459a
  2. 110610
  3. 5fe8913195119685bc33412ce131e9dc_s
  4. 5a232a5846b0bf447e2c60434d2f52ae_s
  5. ba7ee9a1c3e3aec9e1feb6cc0268b931_s
  6. adfc089d89e59c0203508992220e2e7d_s