胃腸風邪を完治させるには?対処法と食べ物、漢方薬

この記事は2分で読めます

c76b534ab6895cb6d859047ac4838bca_s

突然、吐き気をもよおし下痢になってしまう・・・
それは「胃腸風邪」と呼ばれる症状かもしれません。
辛いときには、その症状をなんとか緩和・完治させたくなるもの。
今回は、胃腸風邪になったときの対処法について、お伝えしていきます。

Sponsored Links

胃腸風邪とは

胃腸風邪は、ウィルスや細菌が体内に入ったことによって、そのウィルスを体外に出そうとするため、下痢や嘔吐がおこっている状態のことです。
正式には「感染性胃腸炎」と言うそうです。
体内に入ったウィルスなどの種類によって、症状は少しずつ違うようですが、だいたい半日から数日の間、症状が続くようです。
微熱がでることもありますが、のどの痛みなど、下痢と嘔吐以外の風邪のような症状はでないそうです。
水を飲むのも辛い・・・そんな状態なることも多いようです。

 
28c9fa5fd685aae240bca591b156da9e_s

 

知っておきたい適切な対処法

胃腸風邪には、特効薬はありません。
とにかく体内に入ったウィルスを、すべて出してしまう必要があるのですね。
そのため、下痢止めなどを飲んでしまうと、体内にウィルスが留まってしまうので、よくないそうです。
市販の薬を独断で飲んでしまわず、ウィルスがでていくのを待つ方が良いでしょう。
脱水症状にならないように注意が必要ですので、常温のお水に、できれば少し塩を入れて、しっかり水分補給してくださいね。

Sponsored Links

胃腸風邪になったら・・・食べ物、漢方薬

胃腸風邪になって、何も食べられないときは無理をせず、水分補給をしながら休みましょう。
また、下痢と嘔吐の症状が治まっても、体内のウィルスがまだ残っていたり、胃腸が痛んでいる・弱っている状態になるので、回復食から始める必要があります。
まずは、お粥や湯豆腐を、ゆっくり噛みながら食べるようにしましょう。
噛むことで唾液を分泌させると、消化のサポートになります。
肉類や乳製品、油っこいものは控える方が良いです。

 
b707eafabf485c7290d36f693a69f6a9_s

 
また、「柴胡桂枝湯」という漢方薬は、胃腸の不快感や吐き気に良いとされています。
他にも嘔吐と下痢の症状の漢方薬はいくつかありますので、あまりに症状が辛く、少しでも緩和させたいときには、漢方薬に詳しい薬局に行って相談されると良いかもしれませんね。

 
胃腸風邪なると、「いつまでこの状態が続くのだろう・・・」と不安になる人が多いと思います。
下痢と嘔吐をするようになって、1日様子をみても症状が改善されず悪化するようなら、一度病院の診察を受けられると良いでしょう。
ただ、これという特効薬がないのが胃腸風邪なので、基本的には、水分補給をしながら休むという対処法になります。
体内のウィルスを出し切る、自己治癒力に頼るしかないので、体を労わりながら温かくしてゆっくり休みましょう。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 131118
  2. 9bfc94de3b2a2377a90a3dbe6a064d2f_s
  3. 086185a
  4. プリント
  5. 122185
  6. 344281