ノーパン健康法の効果で健康美に?

この記事は2分で読めます

1feca6664a6090538316418cc6a1dd59_s

ときおり雑誌やネットで取り上げられるノーパン健康法。
恥じらいの文化がある日本だからこそ、「寝るときは、何も着ません」と、女優さんやタレントさんが発言すると、話題になるのかもしれませんね。
優香さんも実践されていると言う、ノーパン健康法。
実のところ、その効果はどうなのか・・・と気になるところです。
そこで今回は、ノーパン健康法、脱パンツ睡眠法について、お伝えしていきます。

Sponsored Links

優香さんもノーパン健康法

優香さんといえば、元祖癒し系とも言える女優さんですよね。
それだけでなく、健康的なイメージもあります。
その優香さん、かつて発売したエッセイの中で、「夜は体をしめつけないほうがいいと聞いたので、下には何もつけずに寝ています」と綴っていたそうです。
優香さんの、美容や健康に対する意識の高さが現れていますね。
良いと聞いたら実践する姿勢も、見習いたいものです。
yuka1
出典:
http://matome.naver.jp/odai/2141770145986009801/2141796553415815303

 

実は20年ほど前から提唱されている 脱パンツ睡眠とは

五輪橋産科婦人科小児科病院の丸山淳士名誉理事長が、『「脱パンツ睡眠」がなぜ健康にいいのか』という本を出版されています。
ノーパン健康法とは、ノーパン睡眠・脱パンツ睡眠のことで、寝るときに下着をつけない健康法です。
丸山理事長いわく、「脱パンツ睡眠健康法というのは、いまから約20年前に北海道のラジオ番組で“熟睡するにはパンツははかないで寝るのがいい”と提唱し続けたところ、“病気が軽くなった”“体の不調が改善した”と大変な反響があり、それが全国にも広まった」とのこと。
ではなぜ、下着をつけずに寝ることが、健康に良いのでしょう。

Sponsored Links

ノーパン睡眠の効果

ノーパン健康法、脱パンツ睡眠のポイントの1つは、「熟睡すること」です。
身体は、少しの締め付けや、寝返りをうったときの布のこすれなどに敏感に反応するため、下着をつけていると熟睡を妨げられるそうです。
熟睡することで、成長ホルモンなどの分泌が促されると、美容と健康にも良い効果がでます。
また、下着によって締め付けられていることで血行が悪くなると、冷え性やお肌の老化にも繋がります。
脱パンツ睡眠をすることで血行が良くなると、これらの改善も期待できるそうです。
その他にも、肩こりがなくなった、肌トラブルがなくなった、花粉症が改善された、といった声もあるそうです。
花粉症に悩んでいる人は、一度試してみる価値があるかもしれませんね。
dabc219d058a4d70ffb63c0096f843d3_s
そのネーミングのインパクトでも注目されやすい「ノーパン健康法」ですが、健康になるという根拠はあるようですね。
ただ、寒くないのか?というのが気になります。
血行が良くなるから大丈夫とも言われていますが・・・
初めてみるなら、初夏~初秋の期間が良いのではないかなと思います。
すぐに試せるお手軽さはポイントですね。
試しながら自分に合った健康法を見つけて、ヘルシーライフを送りましょう。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ThanksNature031
  2. b3456e0808f8c17fe16171309a0943c3_s
  3. e7531d9cedbdc6b8b32cc2425bcc14fa_s
  4. 6930eb66e275e0d4db2bf1df61a22156_s
  5. 5ad96921802d8164a4445c80163a13b4_s
  6. d048c5c5c41898c0641d2b61c4435fe0_s