ココナッツオイルでうがい 効果は?いつするのかその方法は?

この記事は2分で読めます

23423dc83d7c390fa6049cb4953eb810_s

ココナッツオイルが注目されるのと同時に、オイルプリングという言葉もでてきました。
ココナッツオイルでうがいをすることですね。
美容と健康に良いと言われていますが、なぜなのでしょうか。
今回は、ココナッツオイルでのうがいについて、効果や方法などをお伝えしていきます。

Sponsored Links

ココナッツオイルでうがいをするのはなぜ?

オイルでうがいをすることを、オイルプリングと言います。
自然療法でもあるインドの伝統医学アーユルヴェーダが、その起源だそうです。

 

植物のオイルでうがいをすることで、オイルがクレンザーのような役割をして、口内の除菌を、さらに体内のデトックスを行います。
このデトックス(解毒)作用が強力なのだそうです。

 

口の中には、細菌やウイルスなど、数十億もの菌や毒素があるとされています。
その毒素たちが、虫歯をはじめとして、身体の様々な不調に繋がっている・・・

 

オイルプリングは、その毒素や菌を取り除く効果があると言われています。
オイル=油、プリング=引く、という名前の通りですね。

 

6d282b5d72a7ca15f2fdb6fe47e52656_s

 

ココナッツオイルでうがい その効果は?

オイルプリングは、様々な効果があったと報告されています。

 

・虫歯や歯周病、口臭の改善
・歯が白くなる
・体内の毒素をだすデトックス効果
・関節炎や片頭痛、月経前症候群(PMS)の改善
・美肌効果

などです。

 

うがいをして口を動かすため、顔の表情筋のストレッチにもなり、口角があがったり、ほうれい線が薄くなったりといった効果もあるようです。
美肌と素敵な笑顔にも繋がりそうですね。

Sponsored Links

ココナッツオイルでうがい いつする?方法は?

ココナッツオイルでのうがいの方法を紹介します。

 

大さじ1杯くらいのオイルを口に含み、15~20分ほど口の中で動かします。
口をよく動かして、オイルが口の中全体に回るようにするのがポイントです。

 

その後、吐き出します。
オイルプリングをしたオイルには、毒素や菌が含まれているので、飲み込まないように注意してくださいね。

 

吐き出したら、水かぬるま湯で口の中をゆすいで終わりです。

 

これを1日に1~3回、空腹時に行います。
特に、朝起きたときがベストだとされています。

 

ココナッツオイルは、24℃以下になると固まりますので、その場合は湯煎などをして溶かしてから使いましょう。
オイルの質は変わらないとのことです。

 

オイルプリングは、植物油であればどれでも良いそうです。
ごま油、ひまわり油などが一般的だそうですが、近年は、ココナッツオイルがお勧めされています。

 

その理由は、ココナッツオイルは、他のオイルに比べて風味がよく、またココナッツオイル自体も、健康と美容に良いとして注目されているからです。

 

b6bf1b300f82bfbe83994de54abb905b_s

 

まとめ

「ココナッツオイルでオイルプリング」を初めて知ったとき、また新しい美容法がでてきたのかな?と思ったのですが、実は、アーユルヴェーダが発祥という伝統的な方法でした。
古くから受け継がれてきている技法には、やはりきちんとした理由があるのだと思います。

 

ココナッツオイルを始めとする植物油は、比較的、安価なのも魅力的ですね。

 

毎朝15分のオイルプリング。
試してみる価値は、あるのではないかなと思います。

 

その他のココナッツオイルの記事はこちら
ローラも飲んでいるココナッツオイルの美容とダイエット効果に注目が
認知症予防の効果で注目 ココナッツオイル

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 273601
  2. 272478
  3. 5a232a5846b0bf447e2c60434d2f52ae_s
  4. 744673f78fd7fa858750ece9204a2956_s
  5. 166231a
  6. 051261