認知症予防の効果で注目 ココナッツオイル

この記事は2分で読めます

以前、ダイエット効果や美容・アンチエイジング効果で注目を集めた、ココナッツオイル。
そのココナッツオイルが、認知症予防に効果として、医療業界から注目されています。
美容効果だけではなく、健康にも良い効果が期待されるココナッツオイル。
その健康面への作用について、お伝えしていきます。

Sponsored Links

認知症はなぜおこる?

認知症と呼ばれる症状は、大きく分けて4つのパターンがあるそうです。

 

その中の1つで、全体の60%くらいを占めるとされているのが、アルツハイマー型認知症です。

 

アルツハイマー型認知症は、脳の正常な神経細胞が異常な状態になってしまうことが原因と言われていますが、なぜそうなってしまうのか、まだ解明されていない部分も多いそうです。

 

認知症予防にココナッツオイルと言われる理由

ココナッツオイルは、アルツハイマー型認知症の予防に効果的だとして注目されています。

 

本来、脳はブドウ糖をエネルギー源にしているのですが、アルツハイマー型認知症になると、脳の細胞がブドウ糖を上手く吸収できなくなるそうです。

 

そうなると、栄養が不足している状態になるので、脳が正常に活動できなくなります。

 

その状態を改善するのに、ココナッツオイルが効果的だと言われているのですね。

 

 

ココナッツオイルを摂ると、その主成分である中鎖脂肪酸が、体内で「ケトン体」という物質になるそうです。

 

このケトン体が、ブドウ糖の代わりのエネルギー源になるそう。

 

ブドウ糖を吸収できなくても、ケトン体で脳の栄養不足が改善されれば、アルツハイマー型認知症の予防効果が期待できるということです。

 

実際に認知症を患っている人にココナッツオイルを飲ませたところ、症状が改善されたという結果もでているそうです。

 

ただ、100%改善されるわけではないとのことで、まだまだ研究が必要だそうです。

Sponsored Links

ココナッツオイルは その他にも健康に良い作用が

ココナッツオイルの主成分である中鎖脂肪酸は、善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロールを減らす作用があるとも言われています。

 

そのため、血流が良くなることでの動脈硬化の予防効果が期待できるそうです。

 

また、免疫力や基礎代謝を高める効果もあると言われています。

 

ココナッツオイルの適量

これだけ多くの健康に良い効果が期待できると、取り入れてみたくなりますね。

 

ただ、いくら身体に良いとはいっても、摂りすぎは禁物です。

 

ココナッツオイルの適量は、1日に大さじ2~3杯くらいと言われています。

 

パンやサラダなどにかけて、食べるだけで良いそうです。

 

 

認知症は解明されていない部分も多くあって、研究が続いている症状です。

 

ココナッツオイルの効果にしても同じだと言えます。

 

ココナッツオイルで改善されたという例があるのは事実なので、今現在、認知症で悩まれているのであれば、様子をみながら試してみるのも良いのではないかなと思います。

 

認知症での悩みが解消されるように、今後の研究結果にも注目です。

 

 

関連記事
ローラも飲んでいるココナッツオイルの美容とダイエット効果に注目が
ココナッツオイルでオイルプリングして 道端ジェシカのような美肌&健康美に

 

アルツハイマーの原因と睡眠の関係は?予防の方法は?
アルツハイマーを予防する食事とは?

 

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事