菜種梅雨の意味とその原因とは?季語でもある?

この記事は2分で読めます

梅雨を指す言葉の中に、菜種梅雨(なたねづゆ)というものがあります。
普通の梅雨とは何が違うのでしょうか?
今回は、菜種梅雨の意味と発生する原因などについて、お伝えしていきます。

Sponsored Links

菜種梅雨の意味は?

菜種梅雨(なたねづゆ)とは、菜の花(菜種)が咲くころに雨が降り続くことを言います。

 

時期的には、3月中旬~4月上旬頃で、3日以上雨が降り続く場合に、菜種梅雨と呼ばれているとのこと。

 

5月~7月頃の梅雨のように、何日も雨が降り続いたり、集中豪雨のような激しい雨が降ることはなく、しとしとと降る雨となります。

 

「春の長雨」や「春雨」と呼ばれる雨と、菜種梅雨は同じ意味です。

 

菜の花をはじめとするこの季節の植物にとっては、菜種梅雨は、成長に欠かせない恵みの雨となるため、様々な花を咲かせる(催す)雨ということから、「催花雨(さいかう」という呼び名もあります。

Sponsored Links

菜種梅雨の原因はなに?

菜種梅雨は、関東以西でみられる現象だそうです。

 

その発生原因は次のようになります。

 

3月中旬~4月上旬にかけて、高気圧が北に偏る

太平洋沿岸などの南岸沿いに、冷たく湿った北東風がふく

そこに、前線が停滞する

そこに、小さな低気圧が発生する

しとしとと雨が降り続く

 

菜種梅雨は、毎年みられるわけではなく、発生しない年もあるということです。

 

菜種梅雨は季語でもある?

菜種梅雨は、俳句の季語や、時候の挨拶としても使われています。

 

季節は晩春(4月頃)。

 

梅雨とは違い、菜の花と関連し、恵みの雨でもある菜種梅雨は、どこか明るい雰囲気を思わせる言葉としても使われるそう。

 

菜種梅雨は、雨が降り続く暗くじめっとした雰囲気と、春の明るさを含む雰囲気、どちらの表現にも用いることができる季語とのことです。

 

まとめ

同じ梅雨でも、季節に合わせた名前が付けられていることに、日本語の奥深さを感じますね。
手紙を書くときなどに、菜種梅雨という言葉を使うだけで、趣のある文章になるのではないでしょうか。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事