産後の骨盤の歪みはなぜ?矯正はダイエットになる?その方法は

この記事は2分で読めます

1e823aa19ab546f0843a70700ea50de2_s

出産という大仕事を終えた後にやってくる、ダイエットの悩み。
ぽっこりお腹や腰・お尻周りについたお肉に、がっかりしてしまうものです。
そもそもなぜ産後は太りやすいのでしょう?
それには骨盤の緩み、歪みが大きく関係しています。

Sponsored Links

産後の骨盤の歪みはなぜおきる?

女性の体は妊娠すると、出産へ向けての準備を始めます。

 

妊娠7週目頃から、リラクシンというホルモンが出るようになり、そのホルモンによって、関節が柔らかくなります。
関節が柔らかくなることで、子宮内での赤ちゃんの成長に合わせて、骨盤が広がっていきます。

 

リラクシンは出産後1ヶ月頃まで出続けるので、その間は骨盤が柔らかく、妊娠、出産、育児をしていく中での無理な姿勢などによって、骨盤が歪みやすくなっています。

 

出産後2ヶ月目ぐらいからリラクシンが減少し始め、6か月目ぐらいまでを目安に、骨は元の状態に戻っていくのですが、このとき骨盤が歪んでいると、そのまま固まってしまいます。

Sponsored Links

産後の骨盤矯正がダイエットにつながる?

産後に骨盤が歪んでいると、歪んで開いた部分に内臓が下がってくるので、下腹部がぽっこり出てきます。

 

下がった内臓が、血流やリンパの流れを圧迫するので、下半身の巡りが悪くなって、冷えが起こります。

 

そうすると代謝も悪くなるので、下半身に脂肪がつきやすく、落ちにくくなりますし、内臓にも脂肪がついてくると、疲れやすい身体になってきます。

 

骨盤が歪んでいると、お腹から下の部分に脂肪がつきやすくなります。
ですから、産後の骨盤矯正は、下半身のダイエットに繋がるといえますね。

 

また、骨盤は背骨(腰の部分にある腰椎)と繋がっています。
そのため、骨盤の歪みが腰椎の歪みを引き起こし、その結果、腰痛になるなど、骨盤の歪みは様々な部分に影響してきます。

 

産後の骨盤矯正の方法は?

骨盤矯正の方法は、大きく分けて2つあります。

 

骨盤矯正ベルト

 

 

【メリット】
腰回り巻くことで、筋肉の代わりに 骨盤をしめて支える役割をしてくれます。
体型の戻りが早く、腰痛が改善されたという声も多いです。

 

【デメリット】
長時間使っていると疲れてくることがあります。
つけ方に悩む方もいらっしゃいます。

 

できれば、産院で使い方のアドバイスを受けられると良いでしょう。

 

専門の整体

【メリット】
専門の知識をお持ちなので、安心して身体を任せられます。

 

【デメリット】
通院するので、費用がかかります。
(その医院によりますが、1回1000~6000円の所が多いようです)

 

e6fdbe6be200007ea89d3107b4dad552_s

 

もともと骨盤が歪んでいた場合は、産後の骨盤が柔らかい時期を上手に使って、矯正ができます。
ただ、産後の骨盤はデリケートなので、独自の方法を使ったり、独断で行うよりも、まずは産院や専門の整体で相談される方が、安心して取り組めると思います。

 

まとめ

骨盤の歪みは、日常生活の癖とも関係しています。
いつも決まった手でカバンを持つ、足を組む、横向きで寝るなど、その小さな積み重ねからも少しずつ歪んでいきます。
姿勢を良くすることを心がけるなど、日々の生活の中からも改善していきましょう。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 996d4cf94a274584681ca3ee5595c198_s
  2. mobile_woman-boxing
  3. 37692716e516d54054338ce1a5ba6ce1_s
  4. 5a232a5846b0bf447e2c60434d2f52ae_s
  5. 709558b9579e0d19993e42ca7585f74c_s-1
  6. 1e7467fa42744e06edfe87a8aba7c0a8_s