コラーゲンサプリの効き目がある場合とは?摂取して効果がある人は?

この記事は2分で読めます

お肌がプルプルになるとして、女性に人気のコラーゲンのサプリですが、摂取して効き目があると言う人と、ないと言う人がいます。
実際のところはどうなのでしょうか。
今回は、コラーゲンのサプリの効き目について、なぜ効果を体感する人が分かれるのかなどをお伝えしていきます。

Sponsored Links

コラーゲンサプリの効き目がある場合とは?

コラーゲンのサプリの効き目については、長年、様々な研究がされてきています。

 

そして、摂取すると効果があるという研究結果と、効果はないという研究結果、どちらも存在しているのが現状です。

 

まだまだ、さらなる研究を必要としている分野ということですね。

 

そもそも、コラーゲンは口から摂取すると、胃や腸で分解され、コラーゲンではなくなると言われています。

 

そのため、口から摂取したコラーゲンが肌まで届き、肌をプルプルにすることはないとする考えがあります。

 

そんな中、効果があると考えられるデータもでているそうで、その仕組みは次のようになっています。

 

コラーゲンのサプリを摂取した際、分解しきれなかったコラーゲンの破片ができる

コラーゲンの破片が体内に吸収される

一方、ダメージを受けている肌の部分に、修復するためのタンパク質が増える

コラーゲンの破片+タンパク質によって、体内の「線維芽細胞(せんいがさいぼう)」が活性化する

線維芽細胞が、コラーゲンを生成する

肌の修復機能が上がり、肌がプルプルになっていく

 

つまり、コラーゲンのサプリを摂取して効き目があるのは、肌にダメージがある場合と考えられているのだそうです。

 

では、ダメージとは具体的にどういったことでしょうか。

 

次にお伝えしていきます。

Sponsored Links

コラーゲンを摂取して効果がある人とは?

コラーゲンを摂取して効果が期待できるのは、肌にダメージがある場合と考えられていますが、そのダメージとは具体的に次のようになります。

 

1.高齢の人

年齢とともに、コラーゲンを生成する線維芽細胞は減少していくそうです。

そのため、コラーゲンを摂取した際に、線維芽細胞が活性化し肌のコラーゲンが増えることを、より体感できるだろうということです。

 

2.肌に炎症がある人

紫外線による日焼けや、肌の乾燥などがある場合も、上述したコラーゲン摂取の効果が期待できる仕組みに当てはまると言われています。

 

自分には効果があるのかについては、コラーゲンを2~3週間ほど摂取して、効果が感じられるかを試してみると良いでしょう。

 

まとめ

コラーゲンは効くのか、効かないのかについては、様々な意見が飛び交っています。
効果のほどについては、人それぞれとも言えるので、自分の身体で体感してみることが必要ということなのでしょうね。
研究がさらに進み、コラーゲンの効果について、どんどん解明されていってほしいですね。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事