脳梗塞と血圧の変動の関係とは?激しいかを見分ける方法は?

この記事は2分で読めます

脳梗塞を未然に防ぐために、血圧測定は欠かせないものとなっていますよね。
高血圧の人は特に注意が必要と言われていますが、最近は、血圧の変動も注意ポイントとして注目されています。
そこで今回は、脳梗塞と血圧の変動の関係について、どのような場合に注意が必要なのかなどをお伝えしていきます。

Sponsored Links

脳梗塞と血圧の変動の関係とは?

血圧を測定したとき、上の数値が135以上の場合、一般的に高血圧と診断されています。

 

高血圧になると血管への負荷も上がるため、脳梗塞のリスクも高まると言われていますね。

 

それとは別で、血圧の変動も脳梗塞に繋がる場合があるとして、注目されています。

 

この場合の血圧の変動は、1日の間で起こる変動です。

 

通常、血圧は起きているときの方が高く、寝ている間は、起きているときの10~20%ほど下がるのだそう。

 

1日の間に、ストレスや身体を動かしたりしても、その範囲内ぐらいで変動するのであれば、正常な血圧と言えるそうです。

 

ですが、それ以上に激しく変動する場合は、注意が必要とのこと。

 

1日の間に血圧が激しく変動する

血流に問題がある=血管が硬くなっている可能性がある

脳内の、特に細い血管への負荷が上がる

脳梗塞のリスクが上がる

 

ということになります。

 

これは、高血圧の人の場合、より注意が必要ですが、血圧が正常値であっても、1日の間の変動が激しい場合は注意が必要となるそうです。

 

では自分の血圧は変動が激しいのかどうか、気になるところですよね。

 

次に、目安となる調べ方などについてお伝えしていきます。

Sponsored Links

血圧の変動が激しいかを見分けるには?

1日の間での血圧の変動が激しいのかどうか、目安となる調べ方は次のようになります。

 

1.血圧計で血圧を測定する

2.一度立ち上がり、もう一度座ってから、再び血圧を測定する

 

この方法で2度血圧を測定し、上の数値の差が15以上ある場合、血圧の変動が激しい可能性が高くなるそうです。(数値の差は+15でも、-15でも同様です。)

 

ただ立ち上がって座っただけで大きく血圧が変わるわけですから、1日の間に様々な動きをしていると、さらに激しく変動していると考えられるわけですね。

 

この血圧の変動は、特に冷え性の人に多くみられるそうで、冷え性の人の10人に1人は血圧の変動が激しいというデータもあるとか。

 

目安となる調べ方は簡単にできる方法ですので、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

高血圧かどうかだけではなく、血圧の変動が激しいかどうかも、脳梗塞などの病気を未然に防ぐために必要な注意ポイントですね。
目安となる血圧測定をして、上の数値の差が15以上あった場合は、専門医に相談されることをお勧めします。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事