口内フローラとは?歯周病菌と病気の関係は?改善する簡単な方法は?

この記事は2分で読めます

近年、さまざまな病気のと関係から注目されてきている、口内フローラ。
今回は、口内フローラとは何か、また、病気との関係や改善方法についてお伝えしていきます。

Sponsored Links

口内フローラとは何?

私たちの口の中には、1,000億個(500種類)の細菌がいるのだそうです。

 

そして、口内フローラとは、その細菌たちを指しています。(「フローラ」とは英語で「お花畑」の意味)

 

口の中の細菌には善玉菌悪玉菌があり、健康な人の口内フローラは、善玉菌と悪玉菌の割合が9:1くらいになっていて、最近では、この善玉菌と悪玉菌のバランスが大切だということが分かってきているとのこと。

 

口内フローラの善玉菌は、ウィルスや病原菌が体内に入っていかないように阻止する働きをしているのだそうです。

 

一方、口内フローラの悪玉菌が口内で増加すると、その一種が、さまざま病気に関わってくるようだということが分かってきているのだそうです。

 

では口内フローラの悪玉菌は、どのようにして身体に影響をおよぼしていくのか。

 

口内フローラの悪玉菌と病気の関係について、お伝えしていきます。

 

歯周病菌と病気の関係とは?

口内細菌の悪玉菌には、歯周病菌があります。

 

歯周病菌は空気が嫌いなため、歯と歯の間など、すき間に隠れようとするのだそう。

 

そして、ただすき間に隠れるだけではなく、歯ぐきを掘り、より奥へと隠れようとすのだそうです。

 

そうして、歯ぐきが掘られてしまった部分が、歯周ポケットになるのですね。

 

さらに奥へと掘り進めていった歯周病菌は、歯ぐきの下にある血管に辿り着き、その血管にも穴をあけるのだそう。

 

そして、その穴から血管内へとどんどん入っていくということです。

 

こうして血管内へ入った歯周病菌は全身を巡るわけですが、近年、さまざまな病気の部位から発見され、その影響が注目されています。

 

例えば、大動脈瘤、脳梗塞、認知症、心筋梗塞、肝炎、がん、関節リュウマチなどの病気の部位から歯周病菌が発見されていて、現段階では、歯周病菌が具体的にどのように影響を及ぼしているのかは分かっていないそうですが、何かしらの関わりがあるとして、研究が進められているそうです。

Sponsored Links

では自分の口内で歯周病菌は増加しているのかが、気になるところですよね。

見分けるポイントは次のようになります。

 

1.歯磨きをするたびに、毎回、出血する

2.普段と同じようにしているのに、歯ぐきが腫れてきた

3.普段と同じようにしているのに、口が急に臭くなった

4.口が乾くようになった

 

これらに当てはまる場合は、歯周病菌が増加している可能性があるとされていますので、一度、専門家に相談されることをおすすめします。

 

口内フローラを改善する簡単な方法は?

口内フローラを良い状態に改善する簡単な方法は、緑茶でうがいをすることだそうです。

 

緑茶に含まれるカテキンが、悪玉菌の繁殖を抑える働きをするとのこと。

 

ぬるま湯100mlに対して、ティースプーン山盛り1杯の粉末緑茶を混ぜたもので、うがいをしましょう。

 

緑茶うがいのポイントは、

・歯磨きをしたあとにする

・寝る前にする

ということです。

 

また、緑茶のカテキンは、歯に着色することはほとんどないそうです。

 

歯ブラシや歯間ブラシを使った丁寧な歯磨き&寝る前の緑茶うがいで、口内フローラの状態を改善していきましょう。

 

まとめ

歯周病菌が及ぼす影響は、はっきりと分かっていないため、よけいに気になるところですね。
一年に一回くらいの割合で歯医者さんに行き、口内フローラの状態をチェックしてもらうと良いでしょう。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事