尿路結石の原因となる食事と予防方法とは?

この記事は2分で読めます

激痛をともなう尿路結石。
その結石は、シュウ酸カルシウムの結晶や尿酸結晶からできるのだそうです。
そこで今回は、尿路結石の原因になると考えられている食事や、結石を予防する食事方法などについてお伝えしていきます。

Sponsored Links

尿路結石の原因となる食事とは?

尿路結石の原因となるのが、シュウ酸カルシウムの結晶や尿酸結晶ですが、これらを多く含むとされている食物があります。

 

以下にまとめてみました。

 

【シュウ酸】
・ほうれん草
・大根
・なす

これら苦みのある野菜に多く含まれていて、このシュウ酸が体内でカルシウムと結びつくことによって、シュウ酸カルシウムの結晶となるそうです。

 

【尿酸】
・アルコール全般(特にビール)
・魚卵(イクラ、数の子など

これらに含まれるプリン体が、肝臓で分解され、尿酸ができるそうです。

 

尿路結石の予防を考えるときは、原因となりうるこれらの食物の過剰摂取を避けるようにすると良いでしょう。

 

また、尿が酸性に傾くと、結石ができやすくなるとも言われています。

 

尿を酸性にしやすい食物である、肉・卵などの動物性たんぱく質や、コレステロールの高い食物の過剰摂取も避けましょう。

Sponsored Links

尿路結石を予防する食事とは?

尿路結石を予防するために効果的とされている食事には、次の2つのポイントがあります。

 

1.尿をアルカリ性に傾けやすい食物をとる

2.抗酸化作用の高い食物をとる

 

尿が酸性に傾くと結石ができやすくなるとされていますから、逆にアルカリ性になるような食事が推奨されています。

 

・野菜
・果物
・豆腐
・海藻

 

これらを多くとると良いでしょう。

 

また、結石ができる仕組みの一つに、腎臓の細胞が破壊されることが原因となるものがあるそうです。

 

この「細胞が破壊される」ことを防ぐのが、抗酸化物質とのこと。

 

そのため、抗酸化作用の高い食物をとることも、尿路結石の予防の食事として推奨されています。

 

・緑茶
・青魚
・大豆
・ブルーベリー
・バナナ
・かぼちゃ
・にんじん 

 

これらを多くとると良いでしょう。

 

まとめ

尿路結石を予防するには、食事の改善は大切なポイントとなっています。
肉を減らして野菜を多く食べる、緑茶を飲むようにするなど、できることから変えていきましょう。

 

関連記事
尿路結石を早期発見するには?症状や原因はなに?

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事