糖質制限が危険な理由とは?ダイエットの正しいやり方は?

この記事は2分で読めます

成功するダイエット方法として、認知度が上がってきている糖質制限。
その一方で、体調を崩した、うまくいかなかったという声もあがっています。
そこで今回は、糖質制限が危険な理由や、正しいやり方についてお伝えしていきます。

Sponsored Links

糖質制限が危険な理由とは?

間違った糖質制限を続けていくと、めまいや集中力の低下、筋力の低下がおきるという結果がでてきています。

 

そもそも、人間は、炭水化物や糖に含まれる糖質をエネルギー源として、身体の様々な機能を動かしています。

 

体内に入ってきた糖質を、まずはエネルギーとして使うわけですね。

 

次に、糖質だけではエネルギー源が不足してくると、今度は脂肪をエネルギー源として使うそうです。

 

つまり、糖質制限する→エネルギー源が不足する→脂肪を燃焼してエネルギーにする→体重・体脂肪が減る、というのが、糖質制限をしてダイエットに成功する仕組みです。

 

 

ですが、ここで間違いをおこしやすいポイントがあります。

 

普段の食事から糖質を極端に減らすだけの糖質制限をすると、一日に必要な総カロリー量(エネルギー源の量)が、極端に減ってしまいます。

 

エネルギー源にする糖質がない、脂肪をエネルギー源にしてもそれだけでは足りない、となってくると、筋肉を削っていくのだそうです。

 

それによって、急激に筋力が低下し、階段を上るのも辛くなってきたりするわけですね。

 

 

また、脳は、脂肪をエネルギー源にすることができないのだそうです。

 

そのため、糖質がないとなると、脳がエネルギー不足になって、集中力の低下がおこることがあるそうです。

 

ですが、脳のエネルギー不足がおきたときには、体内で、ケトン体という新たなエネルギー源が作りだされるとのこと。

 

ケトン体は、脳のエネルギー源となり、脳に良い働きをするという研究結果がでているそうですが、血管を傷つけるという研究結果もあるそうです。

 

ケトン体が作りだされたとき、身体にどんな影響がでるのかは、まだ詳しく分かっていないのだそうです。

 

糖質制限が危険な理由は、糖質を極端に減らし、エネルギー源自体が減りすぎることによって、身体に不調がでることにあります。

 

では、糖質制限ダイエットの正しいやり方とはどういった方法なのかを、次にお伝えしていきます。

Sponsored Links

糖質制限ダイエットの正しいやり方とは?

糖質制限ダイエットの正しいやり方のポイントは、次のようになります。

 

・糖質を減らす

・タンパク質と脂質を増やす

 

糖質を減らして総カロリー量が少なくなった分、タンパク質や脂質を増やして、補うことが必要だそうです。

 

具体的にあげると

 

・お米などの炭水化物(糖質)は、普段の1/3~半分の量に減らす。

・肉、魚、大豆、食物繊維をとる。

・満腹感を感じるようにする

 

肉や魚などのタンパク質や脂質をとるようにすると、満腹中枢が刺激されるので、満腹感と満足感を得られやすいそうです。

 

一方、炭水化物をとった後は、空腹感を刺激する物質が分泌されるそうです。

 

かといって、炭水化物(糖質)を極端に減らすのは、身体の不調に繋がる危険がありますから避けましょう。

 

お茶碗を小さめのものに変えるなど、工夫するのもおすすめです。

 

また、アルコールに関しては、焼酎やウイスキーは、糖質がないそうです。

 

ビールは糖質があるため、糖質制限のダイエットをするときは、糖質ゼロのビールにすると良いでしょう。

 

まとめ

糖質を減らし、タンパク質と脂質を増やす。
糖質制限は、厳しく制限するのではなく、ゆるい制限でする方が、心身ともに良い状態でダイエットに繋がっていきそうですね。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事