結婚式のご祝儀の金額 友人や兄弟はいくら?書き方は?

この記事は2分で読めます

結婚式に出席するとき、相場が気になるのが、ご祝儀の金額ですよね。
お祝いの席だからこそ、失礼がないようにしたいものです。
そこで今回は、結婚式のご祝儀の金額と、金額の書き方についてお伝えしていきます。

Sponsored Links

結婚式のご祝儀の金額 友人・上司・部下・兄弟など いくらにする?

結婚式のご祝儀の金額は、一般的に次のようになります。

 

・友人、上司や部下・同僚、いとこ:3万円

・兄弟:5万円

 

迷ったときは、上記の金額にすると良いでしょう。

 

また、友人へのご祝儀で、最近増えてきてるのが、2万円を包むパターンです。

 

以前は「偶数円のご祝儀だと割り切れるから、夫婦が別れてしまうので良くない」と言われていましたが、最近では「2はペアという意味でもあるから良い」「2は2重の幸せ・慶びという意味でも良い」といった考えが広まってきています。

 

割り切れないようにと、1万円札1枚と5千円札2枚の計3枚で2万円といったご祝儀にする方法をとる人も多いようです。

 

また、

・新郎新婦との関係が、どのくらい親密か

・他の出席者は、ご祝儀をいくらにするのか

といったポイントも考慮しましょう。

 

他の出席者と事前に連絡をとって相談し、ご祝儀の金額を合わせるのも良いでしょう。

 

相談しても決まらないときは、上記の金額を参考にしてください。

Sponsored Links

結婚式のご祝儀の金額の書き方は?

次に、結婚式のご祝儀の金額の書き方をお伝えします。

 

ご祝儀袋の中に入っている中袋に、金額や氏名・住所を記載します。

 

【中袋の表面】

・金額を中央に縦書きで記入します。

 

・数字は漢数字(壱、弐、参、伍)で書きます。  例) 金 参萬円

 

・黒色の筆ペンを使い、ボールペンは使わないようにしましょう。

 

 

【中袋の裏面】

・左側の下寄りに、住所と氏名を記入します。

 

・縦書きで書きます。

 

・黒色の筆ペンを使い、ボールペンは使わないようにしましょう。

 

 

お札は新札を用意しましょう。

 

中袋を開けた時に、お札の表面(人物が印刷されている面)が上になるように入れます。

 

中袋は、封(糊付け)をする必要はありません。

 

まとめ

冠婚葬祭は、マナーを気にしはじめると、きりがありませんよね。
その中でも、ご祝儀の金額と包み方は、最低限のマナーとして、きちんとしておきましょう。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事