お宮参りの食事会の予算は?費用は誰が負担するもの?

この記事は2分で読めます

赤ちゃんと一緒に神社にお参りする、お宮参り。
その後に、食事会をするという家庭は多いですね。
ではその食事会、予算はどれくらいなのか、費用は誰が負担するものなのかなど、今回は、お宮参りの後の食事会についてお伝えしていきます。

Sponsored Links

お宮参りの食事会の予算はどれくらい?

お宮参りの後の食事会を、レストランや日本料理店などでする場合の予算(一人あたり)は、

 

会席料理:5,000~8,000円

 

松花堂弁当など:3,000~5,000円

 

というのが一般的です。

 

午前中にお参りを済ませて、昼食が食事会となります。

 

お店に予約をする際に、お宮参りの後の食事会ということを伝えておくと、お店側も配慮した対応をしてくれるでしょう。

 

また、生後間もない赤ちゃんを連れていくわけですから、個室で食事会をひらくことをお勧めします。

 

オムツの交換や授乳がやりやすいですし、さらに和室であれば、赤ちゃんを寝かせておくこともできますね。

 

赤ちゃんと、出産して休む間もなく育児をしている母親にとって、負担が少ないようにしましょう。

Sponsored Links

お宮参りの食事会の費用は誰が負担するもの?

お宮参り後の食事会の費用を誰が負担するものなのか。

 

昔からの風習で多いのは、父親側の祖父母が食事代を支払うというパターンです。

 

この場合、母親側の祖父母が、お宮参りで赤ちゃんに着させる服を用意するなど、両家での負担のバランスをとることが大切です。

 

また、最近多くなっているパターンは、食事会の費用は両親が負担し、両家の祖父母は、食事代を含めてのご祝儀を両親に渡すというものです。

 

「必ずこうしなければならない」というルールはありませんので、両親と両家の祖父母とで相談して、自分たちのやりやすい方法を決めましょう。

 

まとめ

祖父母の中には、しきたりや常識を重んじる人もいるかもしれません。
お宮参り後の食事会について、「予算や費用の負担は、一般的にはこうらしいですよ」というポイントを踏まえたうえで相談をすると良いのではないでしょうか。

 

関連記事はこちら

赤ちゃんのお宮参りはいつ?大安は関係ある?お参りする意味とは

お宮参りの服装 パパ・ママ・赤ちゃん・家族それぞれどうするもの?

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事