ダニを退治する方法 布団の場合は?乾燥機は効果がある?

この記事は2分で読めます

アレルギーの原因にもなる、ダニ。
気温が上がってくると、繁殖するダニを、なんとかして退治したいですよね。
そこで今回は、ダニを退治する方法について、お伝えしていきます。

Sponsored Links

ダニを退治する方法 布団の場合は?

最もダニが繁殖しやすく、ダニアレルギーの原因にもなりやすいのが、布団です。

 

ダニアレルギーの原因になるダニは、人間の垢やフケを好みます。

 

そして、湿度と温度の高さも好むのですが、それらの条件にぴったりなのが、布団と枕というわけです。

 

また、寝返りをうつ度に、布団のほこりは空中に舞います。

 

その中には、ダニの死骸やフンもあって、これを吸い込むことがダニアレルギーの原因となるのです。

 

 

では、どうやって布団のダニを退治するのか。

 

その方法のポイントは、度を50℃以上にすることです。

 

ダニは、50℃以上の温度で20~30分ほど経過すると、死滅するそうです。(60℃以上では一瞬で死滅するそう。)

 

50℃以上の温度にして死滅させた後に、布団に掃除機をかけて死骸やフンを取り除き、ダニを退治しましょう。

 

ちなみに、布団やシーツなどを洗濯機で洗っただけでは、布団についているダニの約80%が生き残るそうです。

 

また、太陽光に当たるように布団を干しても、ダニは表面の暑さを避けるために布団の内側へと移動するだけで、退治できません。

 

湿度を好むダニですから、乾燥させると退治できるとも考えられますが、乾燥によって弱らせても、湿度が上がると復活するそう。

 

ずっと乾燥させておくことは、無理ですよね。

 

ですから、50℃以上の温度にする方法が、最も効果的と言えます。

 

では次に、布団にしぶとく生き残るダニを退治する具体的な方法について、お伝えします。

Sponsored Links

布団のダニを退治するのは乾燥機がポイント?

布団を50℃以上の温度にしてダニを退治する方法には、次のようなものがあります。

 

【布団乾燥機】
市販の布団乾燥機を使うと、50℃以上の温度にすることが可能ですが、ちょっとしたコツがあります。

 

縦長に引いた布団に、縦長の布団乾燥機をセットすると、布団の端の方は、50℃まで上がらないかもしれません。

 

そこで、縦長に引いた布団に、横長に布団乾燥機を乗せて、十の字の状態にします。

 

そして、布団を折りたたんで、布団乾燥機をくるっと巻いた状態にし、その上から掛け布団をかけて覆います。

 

こうすることで、布団全体が50℃以上の温度になるようにしましょう。

 

 

【コインランドリーの乾燥機】
布団乾燥機がない場合は、コインランドリーの乾燥機を使うのも良いでしょう。

 

30分~1時間ほど、乾燥機にかけます。

 

 

【炎天下の車内に置く】
炎天下の車内は、70℃近くになるそうです。

 

フロントガラスの下あたりに布団を広げて置き、2時間ほどたったら裏返して、計4時間ほど車内に置きましょう。

 

 

ダニは枕にも多く生息するとされていますから、枕も忘れず乾燥機にかけましょう。

 

また、ダニアレルギーは、ダニの死骸やフンが原因と言われていますので、布団乾燥機などを使った後に必ず掃除機をかけて、ダニの死骸やフンを取り除きましょう。

 

掃除機は、1分ほど、丁寧にかけると良いそうです。

 

布団を乾燥機にかけるのは数か月に1度布団に掃除機をかけるのは1週間に1度が、目安となっています。

 

ダニは夏場に繁殖しますから、夏場は1か月に1度など、こまめに乾燥機にかけると良いかもしれませんね。

 

まとめ

ダニを家の中から完全に退治するのは難しい話です。

布団などの特に気になる場所は、50℃以上の温度にして退治する方法を繰り返して使いながら、ダニによる被害を最小限に抑えていきましょう。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事