むくみの原因と解消法 足の場合は?

この記事は2分で読めます

夜、靴下を脱ぐと、足がパンパンになっている・・・
痛い、辛い、むくみの症状。
今回は、そんな足のむくみについて、原因や解消法などをお伝えしていきます。

Sponsored Links

むくみの原因 足の場合は?

足のむくみの原因の一つは、血管内の弁が壊れていることと考えられています。

 

足には、上から下へ血液を送る動脈と、下から上へと血液を戻す静脈があります。

 

当然ですが、下から上へ血液を流すときには、逆流して、血液が下へ落ちる恐れがありますよね。

 

そこで、静脈の血管内には、逆流を防ぐために、開いたり閉じたりしている弁があります。

 

ところが、この弁が変形して壊れてしまい、きちんと閉じなくなってくると、

 

血液が上に流れにくくなる → 足に血液と老廃物、余分な水分が溜まりやすくなる → むくみの症状が出る

 

といった状態になるとのこと。

 

足の静脈は、メインの血管とサブの血管がありますが、そのうち、サブの血管の弁は、壊れやすくなっているそうです。

 

立ちっぱなしや座りっぱなしで、あまり動いていない状態が続くと、足の血液を下から上へと流す刺激がありませんから、どうしても、血液が足に溜まりやすくなります。

 

そうすると、血管が膨らみ、それによって、弁が変形してしまうそうです。

Sponsored Links

むくみの解消 足の場合は?

一度変形してしまった血管内の弁は、元に戻りにくいそうです。

 

血管が膨らみ、弁が壊れ、血液が上に流れないことがむくみの原因ですから、むくみを解消するには、血管が膨らまないようにすると良いと考えられています。

 

そこで注目されているのが、弾性ストッキング。

着圧ソックス、段階式圧力設計ソックスとも呼ばれています。

 

圧力の強いソックスで、足を締め、血管が膨らむのを防ぐわけですね。

 

医療用のもの、ドラッグストアで販売されているもの、スポーツ用のものなどがありますが、選ぶ時のポイントは
・血行を促進
・段階着圧設計
と書かれているかどうか。

 

これらの言葉が表示されている場合は、医療用と同じ作用が期待できるそうです。

 

ただ、圧力の強いソックスですから、慣れるまでは、履いたり脱いだりが難しいとのこと。

 

上手くできない場合は、医療機関で、医師の指導を受けるのも良いでしょう。

 

まとめ

むくみの症状が悪化してくると、歩くのも辛くなってきますよね。

変形した血管内の弁の修復は難しいうえに、連鎖するように他の弁も壊れていきやすいそうです。
むくみが気になるときは、早めの対処をして、足と血管を守りましょう。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事