結婚式の服装 親族の女性で既婚・未婚の場合は?

この記事は2分で読めます

人生の一大イベント、結婚式。
親族として出席するからには、新郎新婦に恥をかかせないよう、きちんとしたいですよね。
そこで今回は、結婚式に親族として出席するときの服装で、女性のマナーについてお伝えしていきます。

Sponsored Links

結婚式の服装 親族の女性で既婚の場合は?

結婚式に親族として出席するときの服装は、新郎新婦との間柄既婚か未婚かによって、違ってきます。

既婚の場合のポイントは次のようになります。

 

【正礼装】

洋装:イブニングドレス、アフタヌーンドレス

和服:黒留袖(五つ紋付)

 

【準礼装】

洋装:カクテルドレス、ドレス、フォーマルワンピース

和服:訪問着

 

結婚式の服装は、新郎新婦が最も高い格の服装になります。(正礼装の場合が多いです)

 

母親は新郎新婦と同じ格の正礼装で、新郎新婦よりも控え目の服装に。

 

姉妹や義理の姉妹は、同じ格の正礼装か準礼装で、やはり、控え目の服装となります。

 

いとこや叔母などの立場なら、準礼装の場合が多いようです。

 

また、離婚をしている場合も、既婚の服装で考えるのが一般的となっています。

 

母親や姉、義理の姉の立場では、和服を着る場合が多いようです。

 

妹やいとこ、叔母の場合は、洋装が増えているようですね。

 

 

和服を着るのであれば、かえって迷うことは少ないかもしれませんが、洋装の場合、「控え目の服装」というのはどの程度なのか気になりますよね。

 

一般的には、無地で、濃紺、黒、ベージュが多くなっています。

 

・濃紺のドレス+シルバーのストールやボレロ

・黒のドレス+ベージュのストールやボレロ

・ベージュのドレス+黒のストールやボレロ

 

といった組み合わせが定番です。

 

柄の入ったドレスや、肩や膝が出ている服装は、避けましょう。

Sponsored Links

結婚式の服装 親族の女性で未婚の場合は?

次に未婚の場合のポイントです。

 

【正礼装】

洋装:イブニングドレス、アフタヌーンドレス

和服:色留袖(五つ紋付)、振袖

 

【準礼装】

洋装:カクテルドレス、ドレス、フォーマルワンピース

和服:訪問着

 

未婚の場合、振袖を着るとテーブルが華やかになって喜ばれるといった声もあります。

 

ただし、新婦よりも控え目にするというマナーもありますから、「派手かもしれない」と迷った場合は、中振袖か色留袖(いとこなどの立場で準礼装ならば訪問着)を選ぶと良いでしょう。

 

洋装では、既婚、未婚問わず、無地で、濃紺、黒、ベージュが多くなっています。

 

まとめ

結婚式の服装では、家同士の格、新郎新婦との格を考慮することが重要です。

 

昔に比べて、しきたりを重んじる結婚式が減ってきているとはいえ、マナーを気にする出席者がいるかもしれませんよね。

 

親族は、あくまで出席者を迎える立場ですから、失礼のないようにしなければなりません。

 

上記の服装を参考に、まずは新郎新婦や他の親族たちと話し合い、格を合わせるようにしましょう。

 

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事