花粉症?咳が止まらない 喘息の可能性がある?

この記事は2分で読めます

花粉症の症状と言えば、鼻づまりと目の痒みが代表的ですが、咳がでる場合もあります。
咳が止まらない状態が長引くのは辛いもの。
今回は、花粉症の咳について、さらに喘息との関係についてもお伝えしていきます。

Sponsored Links

花粉症?咳が止まらない

花粉症の様々な症状の一つとして咳がありますが、実際には、花粉が直接のどに付着して咳の症状がでるのではないとされています。

 

スギ花粉などは粒子が大きいため、鼻の粘膜に付着して留まり、のど(気管支)までは入ってこないと考えられるためです。

 

ではなぜ咳がでるのかというと、次のような主な原因があげられます。

 

・鼻づまりになることで、口で呼吸をするようになり、のどが乾燥して、咳が出るようになる

 

・鼻水がのどに落ちていき、それによってのどに炎症がおきて、咳が出るようになる

 

・鼻とのどは繋がっているため、鼻で花粉に反応した炎症がおきると、それがのどにも伝わっていき、炎症がおきて、咳が出るようになる

 

 

花粉症の咳の症状は、鼻づまりや目の痒みといった症状がでてから、少し遅れてでてくることが多いようです。

 

花粉症の咳の症状を抑えるためには、のどを乾燥させないようにすることと、鼻の症状の治療が必要だと言えますね。

 

さらに、咳が止まらない、2週間以上続く場合は、花粉症をきっかけとして、咳喘息になっている可能性があります。

 

では、咳喘息とは何でしょう。

Sponsored Links

花粉症の咳と喘息の関係とは

咳喘息は、気道(のどの辺り)が過敏になってしまい、そこに何らかの刺激が加わることによって炎症をおこし、咳の症状がでるというものです。

 

アレルギー反応によって、のどの辺りに炎症がおこるわけですから、もともとアレルギー体質の場合、咳喘息を発症することが多くなっているそうです。

 

アレルギー反応は、花粉症もその1つですね。

 

咳喘息の特徴は、乾いた音の咳(空咳)が続くことです。

 

喘息というと、ゼーゼー、ヒューヒューといった呼吸の音があるような印象かもしれませんが、咳喘息にはそれがありません。

 

夜中や明け方に、咳が止まらない状態になることも多く、のどがヒリヒリ・イガイガしたり、枯れたりすることもあります。

 

 

咳喘息の場合、通常の花粉症の治療薬や、咳止めは、あまり効果がないそうです。

 

喘息の治療に使われている治療薬を使う必要がでてくるとのこと。

 

花粉症の季節に、咳の症状がでて止まらない場合は、咳喘息を疑って、専門医に相談することをおすすめします。

 

まとめ

咳喘息は、喘息の前段階とも言われています。

咳喘息は治療しやすいけれど、喘息は治療に時間がかかるとも。

長引く咳は、適切な治療をして、次の病気に繋がらないようにしていきましょう。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事