ノロウィルス予防の消毒や対策 効果的な方法は?

この記事は2分で読めます

驚異の感染力で、毎年のように猛威を振るっているノロウィルス。
どんどん進化し、より強力になっているというノロウィルスの感染を防ぐために、今回は、効果的な予防法をお伝えしていきます。

Sponsored Links

ノロウィルス予防の消毒で効果的なものは?

ノロウィルスの消毒には、渋柿を使うと効果があるという研究結果がでています。

 

99%以上消毒できるとのこと。

 

渋柿に含まれるタンニンという成分がノロウィルスに作用して、ウィルス同士が固まってしまうことによって、感染力を奪うそうです。

 

ノロウィルスは、特殊な構造をしているため、アルコールなどを使う一般的な消毒方法は、効果がありません。

 

普通のウィルスは表面に脂質の膜があるため、アルコールなどでその膜を溶かすことで、感染力を奪うことができますが、ノロウィルスにはその膜がないとのこと。

 

ノロウィルスの感染予防には、渋柿を使った消毒スプレーを活用すると良いでしょう。

 

【作り方】

まだ青い状態の渋柿を5分ほど茹でてからすりおろし、しぼり汁をとります。

 

それを消毒用アルコールで3倍ほどに薄めてから、消毒用スプレーとして使います。(口には入れないようにしましょう)

 

渋柿が手に入らない場合は、ホームセンターなどで販売されている「柿渋(無臭)」で代用できます。

 

こちらは10倍ほどに薄めて使いましょう。

Sponsored Links

ノロウィルス予防の対策の基本は?

ノロウィルスの感染予防の、その他の効果的な対策方法は、次のようになります。

 

・手洗い

・マスクの着用

・トイレの消毒

 

【手洗い】

手洗いは、ウィルスへの感染を防ぐ方法として、基本ですね。

 

石けんを使って、流水で少なくとも15秒は洗いましょう。

 

ノロウィルスが付着している可能性がある物は、手で触れるわけですから、手洗いを徹底して、手についたウィルスを洗い流しましょう。

 

【マスクの着用】

ノロウィルスが口から体内に入ることを防ぐために、マスクは有効です。

 

特に、感染した人が嘔吐したときには、たくさんのウィルスが空中を舞いますから、マスクをしておくことが重要です。

 

【トイレの消毒】

トイレは、ノロウィルスが潜んでいる可能性が、とても高い場所です。

 

便座、水を流すレバー、ドアノブ、電気のスイッチといった、誰もが手で触れる部分は、しっかり消毒しましょう。

 

渋柿スプレーを使うのも良いですし、家庭用の塩素系漂白剤を使うのも良いそうです。

 

まとめ

ノロウィルスは、感染したときの嘔吐と下痢の症状が、あまりに辛いことでも知られています。

 

残念ながら、現状ではまだ、有効な治療薬や予防接種のワクチンは、開発されていません。

 

手洗い、マスクの着用、消毒といった予防方法をしっかり活用して、感染を防ぎましょう。

 

関連記事

ノロウィルスの症状 大人は?便の色が変わる?期間はどれくらい?

 

 

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事