初節句のひな祭りの祝い方は?被布とは何?内祝いはどうする?

この記事は2分で読めます

3月3日はひな祭り。
女の子が生まれて初めてのひな祭りなら、初節句となりますね。
一生に一度の行事となる初節句のひな祭り。
今回は、その祝い方や服(被布)などについてお伝えしていきます。

Sponsored Links

初節句のひな祭りの祝い方は?

初節句のひな祭りは、女の赤ちゃんの健やかな成長を願う行事です。

 

その祝い方は主に、

・ひな人形を飾る

・家族でお祝いの食事会をする

といったものが一般的です。

 

ひな人形は昔から、女の子の赤ちゃんを災いから守る、守り神と言われています。

 

ひな人形は、ひな祭りの2~3週間前から飾りましょう。

節分を過ぎたら用意を始めると良いですね。

 

前日に慌てて飾るのは、縁起が悪いと言われていますので、避けましょう。

 

また、ひな祭りを過ぎてもひな人形を飾っていると、その女の子の結婚が遅れるという言い伝えもありますので、ひな祭りが終わったら、すぐに片付けましょう。

 

ひな人形は、母方の祖父母から贈られるという習わしがありましたが、最近では、両家で共同購入する家庭も増えていますので、風習に捕らわれすぎず、両家の祖父母と相談して用意すると良いのではないでしょうか。

 

 

お祝いの食事会は、ひな祭りの当日や前日、その直前の日曜日などに行うのが一般的です。

ひな祭りを過ぎてからにはならない方が良いとされています。

 

昔は、家族に加えて、おじ、おば、仲人の方、初節句のお祝いをくれた方なども招待して、盛大に祝っていたそうですが、最近は、赤ちゃん、父、母、祖父母といった身内で行う家庭が増えています。

Sponsored Links

初節句のひな祭り 被布とは何?

初節句のひな祭りでは、赤ちゃんに赤い服(被布・ひふ)を着せる風習もあります。

 

赤い色は昔から、災いを除ける厄除けとして使われてきました。

 

赤い服を着せることでも、赤ちゃんの健やかな成長を願ったわけですね。

 

初節句のひな祭りの内祝いはどうする?

初節句のお祝いをいただいた場合は、子供の名前で内祝いをします。

 

赤ちゃんの写真を添えて、いただいた金額の3分の1程度のものを用意するのが一般的です。

 

紅白のおまんじゅうや砂糖を贈るのが、昔からの習わしですが、最近は、日持ちのするお菓子などにする家庭が増えています。

 

できるだけ早い方が良いと言われていますので、3月中には内祝いを贈りたいですね。

 

まとめ

初節句のひな祭りも、最近では、よりシンプルなお祝いにする家庭が増えています。

昔からの風習に捕らわれすぎず、気持ちよく初節句を祝って、赤ちゃんの健やかな成長を願いましょう。

 

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事