風邪の関節痛はなぜおきる?緩和させる方法はある?

この記事は2分で読めます

風邪をひいたとき、特に発熱したときに起こることが多い、関節痛。
眠れないほどに痛くなるときもありますよね。
風邪の辛い関節痛の症状を緩和する方法はあるのでしょうか。
関節痛がなぜ起きるのかの原因も合わせて、お伝えしていきます。

Sponsored Links

風邪の関節痛はなぜおきる?

風邪による関節痛は、身体が体内に侵入したウィルスと戦っているために起きる症状です。

 

ウィルスが体内に侵入すると、そのウィルスと戦うために、サイトカインという物質が分泌されます。

 

それと同時に、サイトカインが多くなりすぎることで新たな不調が起きないように、サイトカインを抑制するPGE2という物質も分泌されます。

 

そしてこのPEG2という物質が、発痛物質とも言われる、痛みを引き起こす物質でもあるのです。

 

サイトカインやPEG2は、体内に侵入したウィルスと戦うために分泌され、全身を巡ります。

 

身体の関節は、関節包というもので包まれているのですが、全身を巡る、痛みを引き起こす物質でもあるPEG2が、その関節包に留まることで起きるのが、風邪の症状の関節痛と言われています。

Sponsored Links

風邪の関節痛を緩和させる方法はある?

体内にウィルスが多くある間は、サイトカインが分泌され、それに伴ってPEG2も分泌され、関節痛が起きることになります。

 

関節痛を治すには、体内のウィルスを減らし、風邪そのものを治す必要がありますね。

 

とはいえ、どうしても関節痛の症状が辛いときもあるでしょう。

 

一時的に関節痛を緩和させたいときは、冷却シートなどで、痛い箇所を冷やすと良いでしょう。

 

ただ、発熱や関節痛を含む風邪の諸症状は、身体がウィルスを撃退しようとしている働きですから、無理やりその症状を押さえようとすると、かえって風邪の完治が遅れることも考えられます。

 

鎮痛剤などでも、関節痛や発熱を抑えることはできるかもしれませんが、それは辛いときの一時的な処置とするのが良いのではないでしょうか。

 

まとめ

近年では、自己治癒力を高めるという健康法や治療法も、注目されています。

風邪の関節痛は、身体がウィルスと戦っているサインですから、しっかり休息をとり、体力を回復させて、できるだけ早く身体がウィルスを撃退できるように努めましょう。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事