インフルエンザの症状で微熱が続くことはある?出勤しても良い?

この記事は2分で読めます

インフルエンザの代表的な症状は高熱ですが、微熱の症状の場合もあるのでしょうか。

今回は、インフルエンザの症状のうち、微熱についてお伝えしていきます。

Sponsored Links

インフルエンザの症状で微熱が続くことはある?

インフルエンザと言えば、高熱が出る印象がありますが、実際は、必ず高熱が出るとは限りません。

 

微熱が続くときも、インフルエンザの可能性はあることになりますね。

 

インフルエンザに感染していても微熱しかでないときは、次のような理由が考えられます。

 

・インフルエンザの予防接種を受けていて、インフルエンザウィルスに感染した

・市販の解熱鎮痛剤を服用して、発熱が抑えられている

・感染したインフルエンザウィルスが、高熱がでないタイプのもの

 

インフルエンザの予防接種は、必ず感染&発症を防げるわけではありません。
(予防接種の効果が期待できる型とは、違う型のインフルエンザウィルスに感染することがあるため)

 

ですが、予防接種を受けた人がインフルエンザに感染し、発症した場合、症状は微熱程度の軽いもので済むことが多いとされています。

 

また、インフルエンザには、A型、B型、新型といった種類があります。

 

そのうち、インフルエンザB型は、微熱の症状の場合が多いそうです。

 

「インフルエンザ=高熱」と決めつけてしまわず、周囲にインフルエンザに感染した人がいるなど、「もしかしてインフルエンザかな?」と感じたときは、病院で検査を受けることをお勧めします。

Sponsored Links

インフルエンザで微熱が続くとき出勤しても良い?

インフルエンザに感染して、微熱が続き、下がらないことがあります。

 

そもそも発熱は、体内のウィルスを排除しようとする、体の正常な働きです。

ウィルスを排除できるまでは、微熱が続くと考えられますね。

 

特に、体力や免疫力が低下しているときは、ウィルスを排除するのに時間がかかり、微熱の症状が長引くでしょう。

 

また、インフルエンザに感染し発症したことで体力が低下すると、他の風邪の菌にも感染することがあり、この場合も、完治するまでは時間がかかってしまいます。

 

インフルエンザと診断されて微熱が続いていると、いつから外出や出勤をしていいものか、迷ってしまいますよね。

 

子供の学校への登校は

・解熱後2日以上経過

・発症後5日以上経過

といった規則が定められています。

 

大人の場合、会社への出勤をどうするかは、その会社の就業規則によりますが、ひとつの目安としておくと良いのではないでしょうか。

 

まとめ

微熱だからといって無理をすると、かえって長引かせてしまうこともあるでしょう。

薬は症状を抑えるもので、ウィルスを排除するのは体の働きですから、しっかり休息をとり、体力を回復させることを優先することで、微熱が下がるように努めましょう。

 

インフルエンザの関連記事
インフルエンザの潜伏期間の家族の対応 うつるのはいつ?症状は?
インフルエンザの検査で陰性でも高熱が続くときは?陽性に変わる?
インフルエンザで会社を休み 有給になる?法律上は?

 

インフルエンザの予防接種は妊婦で初期でもするべき?影響などは?
インフルエンザの予防接種でお酒を当日や前日に飲んで良い?
インフルエンザの予防接種は当日お風呂に入って良い?注意点は?

 

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事