インフルエンザの予防接種でお酒を当日や前日に飲んで良い?

この記事は2分で読めます

インフルエンザの予防接種をする日に飲み会が・・・
こんなとき、お酒を飲んでも良いのか、飲まない方が良いのか、迷いますよね。
そこで今回は、インフルエンザの予防接種とお酒について、当日や前日に飲んでも良いのかなどをお伝えしていきます。

Sponsored Links

インフルエンザの予防接種をしてお酒を当日飲んでも良い?

インフルエンザの予防接種後、当日のお酒について、ガイドラインには、

『激しい運動や大量の飲酒は避けましょう』 と記載されています。

 

つまり、「お酒を飲むことは禁忌ではないけれど、少量にしましょう」ということですね。

 

これは、お酒を飲むことで予防接種の効果がなくなるということではなく、お酒を大量に飲むこと自体が、体調の変化を引き起こす恐れがあるためです。

 

インフルエンザの予防接種をした後は、副反応(副作用)がでることもあるので、予防接種後24時間はお酒を飲むのを控える方が良いでしょう。

 

副反応が出た場合は、その症状が治まるまでは、お酒は飲まないようにしましょう。

 

>>>インフルエンザ予防接種の副反応(副作用)についての関連記事はこちら

 

 

インフルエンザの予防接種をした当日に飲み会などがある場合でも、少量にしておく方が望ましいですね。

 

大量というのはどれくらいの量で、少量というのはどれくらいの量かという疑問もでてきますが、明確な量は定められていません。

 

どれくらいまでなら飲んでも良いのか判断が難しい場合には、お酒は飲まないか、飲み会なら乾杯の1杯だけにするのが良いのではないでしょうか。

Sponsored Links

インフルエンザの予防接種はお酒を前日に飲んでも良い?

インフルエンザの予防接種を受ける前日については、お酒を飲んではいけないといった注意はありません。

 

ただ、予防接種は身体に負担がかかるため、健康な状態で受けるのが望ましいものです。

 

予防接種前日のお酒に関する注意がないとはいえ、二日酔いになったり、体調不良に繋がるほどには飲まないようにしましょう。

 

まとめ

飲み会などがあると、お酒が好きな場合はどうしても飲みたくなると思います。
ですが、インフルエンザの予防接種は1年に1度だけのことです。
予防接種後に体調不良になるリスクを下げるためにも、少し我慢して、当日はお酒を飲まない、もしくは少量にとどめるようにすることをお勧めします。

 

インフルエンザの関連記事
インフルエンザの予防接種は当日お風呂に入って良い?注意点は?
インフルエンザの予防接種は妊婦で初期でもするべき?影響などは?
インフルエンザの潜伏期間の家族の対応 うつるのはいつ?症状は?
インフルエンザの検査で陰性でも高熱が続くときは?陽性に変わる?

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事