ノロウィルスの症状 大人は?便の色が変わる?期間はどれくらい?

この記事は2分で読めます

毎年11月~2月頃に流行しているノロウィルスによる感染性胃腸炎。
その症状は、どのようなものなのでしょうか。
今回は、ノロウィルスに大人が感染したときの症状、発熱や便の色、期間はどれくらいなのかなどについてお伝えしていきます。

Sponsored Links

ノロウィルスの症状 大人の場合は?

ノロウィルスに感染すると、1~2日ほどの潜伏期間を経て、症状が現れます。

 

その特徴的な症状は、激しい下痢 と 激しい嘔吐

そして、下痢と嘔吐が繰り返されることによって起こる、脱水症状にも注意が必要です。

 

症状が出始める頃に、微熱程度の発熱をする人が多いようですが、必ず発熱するわけではありません。
人によっては38度以上の高熱が出る場合もあれば、発熱しない場合もありますし、短い期間の微熱で気づかない場合もあるようです。

 

また、激しい下痢は大人に多く、激しい嘔吐は子供に多い症状だとも言われています。

Sponsored Links

ノロウィルスの症状で大人の便の色が変わる?

「ノロウィルスに感染して下痢と嘔吐の症状がでると、トイレから出てこられなくなる」と言った声も多くあります。

 

【下痢】

激しい下痢の症状が数時間おきに襲ってきて、腸の中に便がない状態になっても続くため、いわゆる水下痢となります。

 

さらに下痢の症状が続くと、便の色が、緑色や白色になることがあります。

 

普段と違う色の便がでると驚いてしまうと思いますが、これは、胆汁が腸で吸収されずにそのまま出てきているためです。

 

 

【嘔吐】

嘔吐の症状は、「突き上げてくるような激しい吐き気」として現れます。

トイレに間に合わないこともあるほど。

 

嘔吐の症状も、下痢と同じく、繰り返し襲ってきます。

 

そして、胃の中の物が無くなっても嘔吐するため、黄色くて苦い液体や泡を吐くこともあります。

これは、胃液が出てきている状態です。

 

ノロウィルスの症状 大人の期間はどれくらい?

ノロウィルスに感染して出る下痢や嘔吐の症状は、もともと健康な人であれば、数日から10日ほどで治まっていくことが多くなっています。

 

下痢も嘔吐も、体内に入ったノロウィルスを排出しようとする体の働きです。

 

まだノロウィルスに有効な薬はないため、辛くても、下痢や嘔吐を止めてしまうのではなく、ウィルスを出しきってしまうことが必要となってきます。

 

そこで注意しなければならないのは、脱水症状です。

 

スポーツドリンクや経口補水液を、スプーン1杯から、少しずつでも摂るようにしましょう。

 

病院では、脱水症状を回避するための処置がしてもらえますので、水分がとれない場合は、病院で治療を受けることをおすすめします。

 

181001

 

まとめ

ノロウィルスに感染したときの下痢と嘔吐の症状は、本当に辛いものです。

体内からウィルスが出ていけば症状は治まりますから、それまで、水分補給をしながら無理をせず過ごしましょう。

 

関連記事

ノロウィルス予防の消毒や対策 効果的なものは?

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事