サンタの正体はいつ気づき ばらすもの?伝え方は?

この記事は2分で読めます

クリスマスの朝には、サンタクロースからのプレゼントが枕元に置いてある・・・
そんな風習があたり前になっていますが、それゆえ出てくる悩みが、サンタの正体をいつばらすのかということです。
そこで今回は、サンタの正体について、いつばらしたのか、
ばらすときにはどういった説明をしたのかなどをリサーチしてまとめてみました。

Sponsored Links

サンタの正体はいつ気づくのか?

サンタの正体をいつ知ったか、という問いへの答えは、「小学校4~5年生」という年齢が最も多いようです。

 

小学校3年生で「怪しい」と疑問を持ち始め、その1年後には親だと分かっていた、というパターンですね。

 

早い場合は小学校1年生から、学校での友達との会話で「サンタは親らしい」という話がでるようです。

それに対して、疑いつつも、サンタは実在して欲しいと願っているのが、3年生くらいまでなのでしょうね。

 

4年生以上になると

・親が置いているところを見た(友達が見た)
・サンタからのプレゼントと同じ品名の書かれたレシートを見た
・押入れや車の中に隠してあるプレゼントを見つけた

といった理由で、サンタの正体を知ることになるようです。

 

とはいえ、正体を知ったとしても、プレゼントは欲しいのが子供心。

小学生の間は、知っているけど知らないふりをする子供が多くなっています。

 

サンタからのプレゼントをもらったと喜ぶ顔が見たい親と、サンタからのプレゼントをもらいたい子供。

正体を知ったとしても、小学生の間は、お互い暗黙の了解で、「サンタからのプレゼント」を楽しむ人が多いようです。

Sponsored Links

サンタの正体をばらすのはいつ?伝え方は?

子供に「サンタはパパとママなの?」と聞かれたときにどう答えるのかは、迷うところですよね。

 

多かった意見をまとめると、次のようになります。

 

【子供が小学校3年生以下の場合】

「サンタはいると信じてる子のところにだけ、来てくれるんだよ」と答える。

 

【子供が小学校4年生以上の場合】

「そうだよ」と正直に伝える。

 

小学校4年生以上になると、ごまかしが効かなくなるようですね。

 

ただ、サンタの正体をばらすときにも、「パパとママだったんだよ」と伝えるだけではなく、どうしてサンタからと言っていたのかという思いや、サンタの由来などを一緒に話すのがおすすめです。

 

例えば
「みんなにプレゼントをあげたいというサンタさんの気持ちを、パパとママが受け継いで、クリスマスには、あなたの枕元にプレゼントを置いていたんだよ。ワクワク・ドキドキして、毎年楽しかったでしょう?サンタさんに感謝だね」

 

といった一言を添えると、サンタからのプレゼントも、素敵な思い出になっていくのではないでしょうか。

 

また、フィンランドにはサンタクロースがいる村が実在しますから、「プレゼントを置いていたのはパパとママだけど、フィンランドにはサンタクロースがいるんだよ」と教えるのも良いかもしれませんね。

 

まとめ

サンタの正体がばれるのは、小学校4年生がポイントのようですね。

いずれ自然にサンタの正体に気づいていくでしょうから、それまでは、無理にばらす必要もないように思います。

 

正体がばれたときにも、きちんと向き合って、経緯や思いを伝えていけば、納得してくれるものなのでしょうね。

 

小学生の間という期間限定の「クリスマスのサンタからのプレゼント」というイベント。

親も子供も、楽しみましょう。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事