お月見 2015年はいつ?秋に2回あるの?

この記事は1分で読めます

日本には四季折々のイベントがありますが、9月はお月見ですね。
お月見をする日は、毎年変わります。
今回は、2015年はいつがお月見の日になるのかなど、お月見をする日について紹介します。

Sponsored Links

お月見 2015年はいつ?

お月見は、旧暦の8月15日に行う行事です。
旧暦の8月15日に見られる月は、「中秋の名月」と呼ばれています。
また、この日は、「十五夜」でもあります。

 

旧暦は、新月と満月に合わせて定められた暦です。
そのため、1ヶ月は29~30日となり、3年に1回の閏月によって、実際の季節とのズレを調整しています。

 

こういったシステムの暦のため、私たちが日常で使っている太陽暦とは、毎年、日にちがまったく違うことになるのですね。

 

2015年のお月見の日(旧暦の8月15日)は

9月27日(日)

となっています。

 

9月27日には、団子やすすきを用意して、お月見を楽しみましょう。

Sponsored Links

秋のお月見は2回ある?それはいつ?

一般的に知られているお月見は十五夜(旧暦の8月15日)ですが、もう一日、お月見をする風習がある日があります。

 

それは、「十三夜」
旧暦の9月13日です。

 

十三夜にもお月見をする地域では、十五夜のお月見と十三夜のお月見は、セットで行うものとされているそうです。
どちらか片方のお月見だけをすることを、「片見月」や「片月見」と言い、縁起が悪いとする説もあるそうですが、現代では、気にしない人も多いようですね。

 

2015年の十三夜のお月見の日(旧暦の9月13日)は

10月25日(日)

となっています。

 

まとめ

私たちが住んでいる地球は、月から大きな影響を受けていますよね。
お月見は、その月を愛で、感謝を捧げるための良い機会。

9月27日と10月25日は、夜空を見上げて月を眺めましょう。

 

お月見の関連記事
お月見の由来を簡単に説明!団子やすすきの意味は?十五夜はいつ?

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事