喪中はがきの返事のマナーは?書き方のポイントや文例は?

この記事は3分で読めます

11月から12月にかけて、喪中はがきが届く時期ですが、喪中はがきをもらってはじめて、友人の身内に不幸があったことを知る場合がありますよね。
そんなときはどう対応したら良いのか、マナーなどが気になるところです。
今回は、喪中はがきが届いたときのマナーや返事の書き方、返事を送る場合の時期などについてお伝えしていきます。

Sponsored Links

喪中はがきの返事に関するマナーは?

喪中はがきが届き、それによって初めて友人の身内に不幸があったことを知った場合の対応は、大きく分けて次のようになります。

 

・年内に届くように、喪中見舞いとして返事を書く

・1月7日以降に、寒中見舞いとして返事を書く

・なにもしない

 

どの方法をとっても、間違いではありません。

 

喪中はがきは、「身内に不幸があったので、新年の年賀状を送りません」ということを、前もって相手に伝えるために送るものです。

 

つまり、「私は年賀状を書きません」という意思表示をするものであって、受け取る相手に何かを求めているものではないのですね。

 

ですから、なにもしなくても失礼ではありませんし、例年通りに年賀状を出すことも、タブーではありません。(実際、喪中はがきの例文には、「みなさまからの年賀状をお待ちしています」という一文が含まれているものもあります)

 

ただ、「新年を祝う気持ちにはなれないでしょうから、こちらからも年賀状を送ることは控えます」という考えで、喪中はがきが届いたら年賀状を送らないのが、一般的な方法として定着しています。

 

そうはいっても、喪中はがきを送ってきた友人に、「お悔やみの言葉を届けたい」と思うこともありますよね。

その場合は、喪中はがきの返事を書くと良いでしょう。

 

では、喪中はがきの返事の書き方を紹介します。

Sponsored Links

喪中はがきの返事の書き方 ポイントは?

喪中はがきの返事の書き方のポイントは、

 

・喪中はがきという形で挨拶をいただいたお礼を述べる

・不幸を知らなかったことをお詫びする

・お悔やみの言葉を述べる

・励ましの言葉を記す

 

といったものになります。

 

そして、年内に届くように喪中見舞いとして送る場合は、こちらからも年賀状を送らないことを伝えましょう。

1月7日以降に寒中見舞いとして送る場合は、喪中はがきをいただいたので年賀状を控えたことを伝えましょう。

 

アチャック 285*385

 

喪中はがきの返事の文例

年内に返事を書く場合

喪中お見舞い申し上げます。

年賀欠礼のお知らせをいただき、〇〇様のご他界を知って驚いております。

存じ上げず、お悔やみの言葉も申し上げられませんでしたことをお許しくださいませ。

改めて、お悔やみを申し上げますとともに、〇〇様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

服喪中でいらっしゃいますので、お年賀状を遠慮させていただきますが、

どうぞお身体を大切に、新しい年をお迎えくださいますようお祈り申し上げます。

平成〇年〇月〇日

 

1月7日以降に返事を書く場合

寒中お見舞い申し上げます。

服喪中でいらっしゃいますので、年始のご挨拶は遠慮させていただきます。

この度の〇〇様のご他界を知って驚いております。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

お気を落とされていることと存じますが、寒さ厳しき折から、くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。

平成〇年〇月〇日

 

これらは例文ですので、友人との間柄によっては、もっとくだけた文章にするのも良いでしょう。

 

ただ、故人との思い出を綴った場合、受け取った側は「思い出して辛かった」といった声もありましたので、故人を思い出す内容ではなく、自身のちょっとした近況報告や、友人を気遣う内容にするのがおすすめです。

 

まとめ

喪中はがきの返事は、身内に不幸があって気落ちしているであろう相手を気遣うものです。
書き添えた方が良いポイントはおさえつつ、心を込めた文章を書くことを大切にしたいものですね。

 

関連記事
年賀状の喪中の範囲 叔父・叔母・祖父・祖母は?はがきはいつまでに出す?

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事