年賀状の喪中の範囲 叔父・叔母・祖父・祖母は?はがきはいつまでに出す?

この記事は2分で読めます

新年の挨拶をする年賀状ですが、喪中の年は、年賀状は送らず喪中はがきを用意することが一般的ですよね。
ではその「喪中」となるのは、親族のどの範囲までなのか、迷ってしまう部分でもあります。
今回は、年賀状を出すのにあたって、喪中となる範囲や、喪中はがきはいつまでに出すのかなどについて、お伝えしていきます。

Sponsored Links

年賀状の喪中の範囲を解説 叔父・叔母・祖父母は?

年賀状を出すのにあたって、喪中となる範囲の基本は

・一等身(父、母、夫、妻、子供)

・同居している二等身(祖父、祖母、兄弟姉妹、孫)

となります。

 

さらに喪中の時期の詳細は

・父母と配偶者(夫もしくは妻):亡くなった日から1年間

・子供や兄弟姉妹など:亡くなった日から3ヶ月

とされています。

 

これらにあてはまる場合は、年賀状ではなく、喪中はがきを送ると良いでしょう。

 

ただ、喪中の範囲や時期というのは、厳密に決められたものではありません。

 

そもそも喪中はがきは、毎年年賀状を送って新年の挨拶をしている相手に、「今年は身内が亡くなり喪に服するので(「おめでとう」という挨拶をする気持ちになれないので)、新年の挨拶をしないことを前もって伝える」というものです。

 

つまり、当人の気持ち次第なのですね。

 

例えば
・子供の頃から親しくしてきた叔父が亡くなった
・いつも可愛がってくれていた、母方の(同居していない)祖母が亡くなった

 

こういったケースで、「喪に服して、新年の挨拶は控えたい」と思うのであれば、喪中はがきを出してもかまいません。

 

逆に、
・亡くなった父が生前、「喪に服したりせず、いつも通りの生活を送ってほしい」と望んでいた

 

こういったケースで、「父の言葉を大切にして、いつも通りの生活をし、年賀状も例年通りだそう」と思うのであれば、「父がこう言っていたので・・・」と一言添えて年賀状を出してもかまわないのです。

 

年賀状を出すのにあたっての喪中となる範囲の基本は、あくまで参考にして、自分の気持ちや状況を踏まえて柔軟に考え、決めましょう。

Sponsored Links

年賀状の喪中はがきはいつまでに出す?

喪中はがきを出す場合は、10月下旬から12月中旬までに、投函するようにしましょう。

 

毎年、12月15日頃に、郵便局で年賀状の受付が始まりますから、その日までに届くように出すのが良いですね。

 

また、遅れてしまった場合や、12月15日以降に身内が亡くなったときは、年始の「松の内」と呼ばれる期間を過ぎてから、寒中見舞いとして、欠礼の挨拶を送りましょう。

松の内は、1月1日~15日の期間ですが、最近は1月7日までとすることも多くなっています。

 

喪中の相手に年賀状を送ることは「絶対にしてはならないこと」ではありませんので、喪中はがきが間に合わなくて年賀状が届いても気にせず、寒中見舞いで対応しましょう。

 

096874

 

まとめ

冠婚葬祭に関することや、行事や習わしに関することは、どうしてもマナーを気にしがちになりますよね。

年賀状を出す際の喪中の範囲は、まず自分の気持ちを大切にしましょう。

どうしても迷ってしまうときは、親族内で相談して統一するのも良いのではないでしょうか。

 

関連記事
喪中はがきの返事のマナーは?書き方のポイントや文例は?

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事