インフルエンザの予防接種の副作用 大人の症状は?いつからいつまで?

この記事は3分で読めます

インフルエンザにかかる確率を減らすために受ける予防接種ですが、その副作用は気になりますよね。
そこで今回は、インフルエンザの予防接種での大人の副作用について、よくでる症状とそれ以外のケース、副作用がでる期間などをお伝えしていきます。

Sponsored Links

インフルエンザの予防接種の副作用で大人にでる症状は?

インフルエンザの予防接種をした後に、なんらかの副作用がでるのは、全体の10~20%の人です。
とても珍しいということではありませんね。

 

特に多い症状は、注射をした箇所に現れる、腫れ、痛み、赤みです。

 

次いで多いのは、発熱
その他にも頭痛や全身のだるさ、寒気、発疹もみられます。

 

注射をした箇所の腫れや痛みは、強く出る場合もあるようで、「利き腕に打ったから、痛みで字が書きづらい」といった声もありました。

注射をした箇所から、ひじや肩の方まで痛みが広がっていく場合もあるようです。

 

ただ、この注射をした箇所の反応は、体内できちんと抗体ができているというサインでもあります。
痛みや腫れがが悪化していくかどうかを、落ち着いて観察しましょう。

 

 

大人に発熱や頭痛、発疹などの副作用が出る場合は、比較的少ないそうです。
(とはいえ、ないわけではありません)

 

発熱は、微熱程度から38度以上の熱まで、様々です。

 

発熱などに関しては、インフルエンザの予防接種の副作用とは言い切れないこともあります。

たまたま風邪をひいたという場合もありますから、予防接種後に発熱した場合は、様子をみて、病院で診察を受けると良いでしょう。

 

また、インフルエンザのワクチンは、製造過程で卵を使うため、微量ですがその成分が入っています。

元々、卵にアレルギーがある人は、インフルエンザの予防接種でアレルギー症状がでる場合がありますから、接種前に医師と相談されることをおすすめします。

 

インフルエンザの予防接種の後にでる症状として、少数ですが、一般的にあげられているもの以外の症状もありました。

 

・腰痛

・のどの痛みと腫れ

・手のひらが冷たくなる

・痒み

・首の痛み

・目の奥の痛み

・めまい、吐き気

・咳

・発熱のあとに味覚の異常を感じた(その後1~2週間ほどで治った)

 

 

では、インフルエンザの予防接種での副作用は、いつからでて、いつまで続くのか。
その期間についてお伝えします。

Sponsored Links

インフルエンザの予防接種の副作用はいつからいつまで?

インフルエンザの予防接種での副作用の症状は、接種後から数日の間にでることが多くなっています。

「2日後に熱が出た」といった状態ですね。

 

そして、副作用の症状は、予防接種から4~5日後にピークを迎え、1週間ほどで治まっていく場合がほとんどです。
(まれに10日~2週間ほど続くこともあります)

 

まとめると、 予防接種後から数日で発症→4~5日後にピーク→1週間で終息 となります。

 

5日以上たってもこれといった症状がでていない場合は、副作用は出なかったと判断して良いでしょう。

 

症状がでている場合は、1週間ほどで治まる可能性が高いという前提で、様子をみましょう。

ただし、あまり辛い症状の場合は、医師に相談することをおすすめします。

 

また、強いアレルギー反応は、予防接種後、30分以内に症状がでます。

アレルギーが心配な場合は、注射をしてから30分間は、病院内で過ごすと良いでしょう。

 

まとめ

インフルエンザにかかる確立を減らすために、予防接種をするわけですが、それによる副作用のリスクもまた、あります。

 

予防接種による症状は、4~5日でピークを迎え、1週間ほどで治まっていくということを頭に入れて、予防接種後の体調をみていきましょう。

そして、症状が辛かったり、心配なときは、無理をせず医師に相談しましょう。

 

インフルエンザの関連記事
インフルエンザの予防接種は妊婦で初期でもするべき?影響などは?
インフルエンザの予防接種でお酒を当日や前日に飲んで良い?
インフルエンザの予防接種は当日お風呂に入って良い?注意点は?

 

インフルエンザの潜伏期間の家族の対応 うつるのはいつ?症状は?
インフルエンザの検査で陰性でも高熱が続くときは?陽性に変わる?
インフルエンザで会社を休み 有給になる?法律上は?

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事