インフルエンザの潜伏期間の家族の対応 うつるのはいつ?症状は?

この記事は3分で読めます

インフルエンザは、感染してから発症するまでの間に、潜伏期間があります。
家族がインフルエンザに感染したとき、家族内感染を予防するためにも、この潜伏期間について知っておくのは大切ですよね。
そこで今回は、インフルエンザの潜伏期間について、期間や症状などをお伝えしていきます。

Sponsored Links

インフルエンザの潜伏期間 家族の対応は?

インフルエンザに感染してから発症するまでの潜伏期間は、一般的に、1~3日となっています。

(新型インフルエンザの場合は、1~7日とも言われています。)

 

つまり、感染したかも?という疑いのある日から、最長で7日間、インフルエンザの症状がでなければ、感染していない、もしくは、感染したけど発症はしないということになります。

 

ほとんどの場合、感染してから2~3日後に発症するようです。

 

なぜ潜伏期間は1日から7日まで日数の幅があるのかというと、ウィルスと免疫力が関係しています。

 

インフルエンザのウィルスが体内に入ると、体の免疫システムは、ウィルスをやっつけようと働きます。

このとき、ウィルスが増幅していたり、免疫システムが弱かったりすると、すぐにインフルエンザを発症することになります。

 

逆に、ウィルスが少なかったり、免疫システムが強かったりすると、体内でウィルスと免疫システムが戦う期間が長くなり、発症も遅くなります。

 

そして、免疫システムがウィルスに勝ったときには、感染はしたけれど発症しないという状態になるわけですね。

 

通常、インフルエンザの潜伏期間は1~3日となりますが、小さいお子さんがいるなど、家族感染をしっかり予防したい場合は、7日間を目安にして、隔離や予防の措置をとるのがおすすめです。

Sponsored Links

インフルエンザは潜伏期間もうつる?

インフルエンザのウィルスは、潜伏期間でも、人にうつす可能性はあります。
潜伏期間=体内にウィルスを持っている、ということですからね。

 

人にうつす感染力は、インフルエンザを発症してから(発熱してから)3日間が、最も強力とされています。

 

発熱後治療をすると、だいたい、3日目あたりから熱は下がるようです。

そして、熱が下がってから2日間は、人にうつす可能性があります。

 

まとめると、インフルエンザのウィルスを人にうつす可能性があるのは

・潜伏期間
・発症(発熱)後5日間
・解熱後2日間

ということになります。

 

039252

 

インフルエンザの潜伏期間の症状は?

インフルエンザの潜伏期間は、これといった症状がないのが特徴です。
そのため、自分がインフルエンザのウィルスを持っているのか、そうでないのかを判断するのは、難しくなります。

 

気づかない間にインフルエンザのウィルスを人にうつしていた、ということも起こってしまうわけですね。

 

ただ、潜伏期間に人にうつす可能性は、低い方だとも言われています。

 

その理由は、インフルエンザのウィルスは、飛沫感染するからです。

つまり、咳やくしゃみによって、ウィルスを含んだ唾液や鼻水が飛び散り、感染するわけですが、潜伏期間は咳やくしゃみが出ることが少ないため、感染力は低いという考えですね。

 

ですが、家族となれば、より密接した状態で過ごしているわけですから話は別です。

 

・手洗い、うがいをする
・マスクをする
・同じタオルや食器を使わないようにする
・加湿器などを使って、部屋の湿度を50~60%にする

といった予防法をとるようにしましょう。

 

潜伏期間が終わり、発症(発熱)する前には、くしゃみや鼻水がではじめる人が多くなっています。

「あれ?」と思ったら、すぐに病院で検査を受けられることをおすすめします。

 

まとめ

インフルエンザは、高熱がでると本当につらいですし、感染が広がるスピードも早いです。

自分のためにも、家族や周りの人たちのためにも、症状がでないため分かりにくい潜伏期間を知り、それをふまえて対処していきましょう。

 

インフルエンザの関連記事
インフルエンザの検査で陰性でも高熱が続くときは?陽性に変わる?
インフルエンザで会社を休み 有給になる?法律上は?

 

インフルエンザの予防接種の副作用 大人の症状は?いつからいつまで?
インフルエンザの予防接種は妊婦で初期でもするべき?影響などは?
インフルエンザの予防接種でお酒を当日や前日に飲んで良い?
インフルエンザの予防接種は当日お風呂に入って良い?注意点は?

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事